新年挨拶メッセージ定番の「HappyNewYear」には「A」はいらないの理由は?

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

よく年賀状やメッセージカードに使われるこのご挨拶の英文。

なぜ、いつのまにか「A Happy New Year!!!」なってしまったのか?

それは、われわれが現地で定番あいさつ文である”Merry Christmas and a happy new year”から、正月のみに活用するために先頭の”Merry Christmas and”を抜き取って使い始めたようだ。

残ったのが”a happy new year”となった。

この言い方がなぜおかしいかと言うのを、他の身近な例をあげてご説明しよう。

おやすみと声をかけるときに使われるもの:Good Night!!!
しかし、A good night!!!とは言わない。Aをつけれ使うのは、Have a good night!!!とする時だ。

Good Morning!!!
Good Day!!!
などなど。

日本にはないこの冠詞は厄介なものだが、この形は押さえておいてほしい。

また、詳しく冠詞について説明した記事があるのでご参照いただければ幸いだ。
参照記事:「どうしてつけるの?なぜつけないの?英語の冠詞theの悩みを解消!」

この年も残すところあと数日となった。

ここで英語の新年メッセージを10ご紹介しておく:

BFやGFへの挨拶
01.Best wishes to my beloved friend for a prosperous year ahead. May the sunshine of happiness always shine above you.

02.All my wishes, all my hopes, all my dreams, and mostly all my love for a Happy New Year.

BF:boyfriend GF:girlfriend

友達への挨拶
03.I would just like to express how much joy you have given me, and wish for your joy and happiness in return. Happy New Year!

04.A new year is like a blank book, and the pen is in your hands. It is your chance to write a great story for yourself. Happy New Year.

家族への挨拶
05.Now, in the New Year, we look back upon warm and happy memories. You’ve had a hand in every wonderfully warm memory I have, Mom. Happy New Year, Mom.

06.Happy New Year, Grandma. I wish you a bright New Year, just like every year you have brightened in my life. Thank you so much.

いろいろ挨拶

07.I wish you a very Happy New Year. Hope you have an amazing time ahead.

08.May you have a amazing new year filled with lots of delightful surprises. May you have a happy new year.

09.Season’s greetings and best wishes for a new year that fills your heart with joy and happiness. Happy New Year!

10.Wishing you good health, happiness, and success in the coming year and always. Happy New Year!

単語と熟語
in returnは、見返りに、お返しに。
have a hand inは、参加する、かかわる。ここでは、「一つ一つの暖かい思い出にはいつもママがかかわってくれた」
be in one’s handsは、に任せる、にかかっている。ここでは「ペンはあなたにかかっている」と言う意味で「ペンはあなたの手にある」