カテゴリーから探す!

一生つけ込まれる、って英語言いたいときにはこの言い回しで!

「a sitting duck」

じっとして動かないかもを表して「格好の標的、無防備な人、いいかも」と言う意味で使います。

ここからだましやすい人となります。

What if we gave in to their demands?
奴らの要求をのんだらどうなると思う?

We would be a sitting duck for the rest of our lives.
一生付きまとわれることになるだろう

 

※give in to は「~に屈する、~に負ける」と言う意味になります。ここでは、要求をのんだら、と訳してみました。

冒頭の what if の意味ですが、もし~だったらどうなると思う?、と言うことになります。

What would happen if _____? の would happen を取って使う感じになるますよ。取った部分がそのまま意味として、どうなると思う、となるわけです。

 

もう少し「would」について:

この日本語よく耳にすると思います。聴取を受ける被疑者が返事です。

なんで俺がそんなことするんだよ(しなきゃなんないんだよ)

この英訳はこれが最適です。

Why would I do that?

ここでも「would」が出ました。

過去形ではなく、する確立は少ない、ほとんどない、という確率を表しているのです。

この「would」についてもっと知りたいなという方は:

willの過去形だけじゃない助動詞wouldの使い方まとめ!

willの過去形だけじゃない助動詞wouldの使い方まとめ!

初記事2017年6月27日

写真のクレジット:Everything-Voluntary.com