裕福な家庭、って言うときにwealthyを使わない英語の言い回しはこれ!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Peggy_Marco / Pixabay

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

「a well-to-do family」

この言い回しのご説明をする前に少々。
最近思うことがあります。

これだけ、世の中に英語・英会話の専門家と言う方々が現れ、そのサイトで熟語や文法を投稿している時代はないのではないでしょうか?!

英会話上達のため講師や書籍その他をどうやって選別します?
・安近短
・簡単
・すぐ

残念ながら、語学学習にはこれはありません。

では、かなり英語に自信のある方は?

英会話上達のため講師や書籍その他をどうやって選別します?
・外国人講師
・英語資格高得点取得者
・ネイティヴ発音

残念ながら、これも当てにななりません。

ネットの現状:
・喋れない、英語を知らない方々が大勢いるからです
・高得点は会話上手につながりません
・アルバイト感覚の外国人講師がほとんどです

つまり、皆さんも誰を選ぶかという重大な選択に迫られているのです。しっかり分析してください。

さあ、言い回しの説明に入ります。

「a well-to-do family」

あーささん
英語で言いますと、having more than adequate financial resources :
(Merrian-Websterより抜粋)
あーささん
使い方は、well-to-doあとにfamilyをつかて可算名詞とし、冠詞の a を付けます。

渋KUN
I can tell by his tone of voice, you know.
彼の喋るトーンでわかるよね。
楽KUN
He is from a well-to-do family.
裕福な家庭の出身だね。

こんな関連記事もどうぞ: