文の要素はもう十分情報知っているはず、その次の修飾語を解説する!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

修飾語を解説する!

以前にこの記事をアップした。「英語長文読解ができない、わからないあなたに、目から鱗の「解決策」を提供する!」

本日はこの続きとして、
文型5種:
1.第1文型 S+V
2.第2文型 S+V+C
3.第3文型 S+V+O
4.第4文型 S+V+O+O
5.第5文型 S+V+O+C
この文の要素の次に押えておくべき「修飾語」について解説する。

この修飾語、普段何気なく目にしているが、改めてどんなものがあるか知っておくだけで、必ずや英語長文を読む際に役に立つことは間違いない。

1.修飾語とは?

修飾語とは、文の要素である、「主語(S)」「動詞(V)」「目的語(O)」「補語(C)」を説明を加えたり、限定したりする働きをする。

2.修飾語の種類!

1.形容詞的修飾語

形容詞的修飾語とは、名詞や代名詞を修飾する。
「主語(S)」「目的語(O)」「補語(C)」を修飾する。

どんなものがあるかというと、

・冠詞:a や the を名詞の前につけて修飾する。

・形容詞:言わずと知れたもの、名詞の前につけて修飾する。

・名詞:これも形容詞のような働きをする名詞。
例えば、customer service など。本来名詞の customer が、顧客のための、と形容詞のように使うことできる。

・準動詞:これには不定詞・動名詞・分詞の3種がある。
例えば、I got a lot to do. の to doが不定詞。これが前の分を、しなければならない、となり、たくさんの a lot を修飾している。

・前置詞+名詞:頻出のパターン。
例えば、on TVin good healthunder the chairwith blue eyes などなど。

・形容詞節:関係詞などがそれである。
例えば、the picture which I took last year、a man whom I can trust など。

2.副詞的修飾語

副詞的修飾語とは、動詞、形容詞や副詞を修飾する。

どんなものがあるかというと、

・副詞:often、always など頻度を表すもの。

・準動詞:不定詞・分詞の2種がある。
例えば、I went to the library to study. の to studyが不定詞。勉強するために、となり副詞句として前の文を修飾する。

例えば、Not knowing what to do, が分詞。なにをしていいかわからなかったので、として副詞句となっている。

・前置詞+名詞:頻出のパターン。
例えば、in the winterat the restaurantsome day などなど。

・副詞節:
例えば、Do as he tells you.で彼の言う通りにが、副詞節として修飾している。

3.削除できない修飾句(付加語)!

本来副詞的修飾語句は、削除しても文として成立するもの。しかし動詞と強く結びついていて、削除すると意味をなさなくなったり、不自然になるものがある。

そして、削除できない副詞的語句を付加語(A)と呼ぶ。

例文:
He lives in London.
完全自動詞の live であるが、必ず in London の副詞的語句を必要とする。

3.まとめ!

1.修飾語とは?
2.修飾語の種類!
1.形容詞的修飾語
2.副詞的修飾語
3.削除できない修飾句(付加語)!