カテゴリーから探す!

この英語の言い回し「(all) to myself」の使い方ご説明します!

「(all) to myself」

これは、独り占め、という意味の言い回しになります。

英語では、if you have a place or time to yourself, you are free to do what you want to in it and you do not have to share it with anyone else(MACMILLAN DICTIONARYより抜粋)

I had the whole beach to myself – it was paradise.
ビーチひとり占め。天国だったよ。

 

解説:

例文では、have になっていますが、もちろん get でも使えます。さらに keep も使えます。keep ですが「ずっと」というニュアンスが加わりますね。

 

追加情報:

keep の場合には、もう一つの意味で秘密にするというのもありますね。

もし彼女ができて、どこかでしっかり告白したいなら、こんなメッセージでも発しましょう。

I want you all to myself.
僕は君を独り占めしたいよ。

 

こんな関連記事もどうぞ:

この英語の言い回し「close call」の使い方ご説明します!

写真のクレジット:一休コンシェルジュ