ひとり占め、って英語の言い回しは案外使えますよ!

「(all) to myself」

英語では、if you have a place or time to yourself, you are free to do what you want to in it and you do not have to share it with anyone else(MACMILLAN DICTIONARYより抜粋)

楽KUN
I had the whole beach to myself – it was paradise.
ビーチひとり占め。天国だったよ。

 

例文では、have になっていますが、もちろん get でも使えます。さらに keep も使えます。keep ですが「ずっと」というニュアンスが加わりますね。

あーささん
追加情報:
keep の場合には、もう一つの意味で秘密にするというのもありますね。

 

もし彼女ができて、どこかでしっかり告白したいなら、こんなメッセージでも発ししましょう。

渋KUN
I want you all to myself.
僕は君を独り占めしたいよ。

 

こんな関連記事もどうぞ:

生え始めの歯の問題、という英語の言い回しはどういう意味?

2017.09.04
こんな関連記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

英語アドバイザー。役に立つ情報(英語)ブログ運営。学習院大学/サンフランシスコ州立大学卒業。アパレル企業代表取締役の元専任通訳・翻訳者。元IT系ベンチャー企業経営者。現大手個別指導塾英語講師。