強い気持ちも、高いモチベーションも弱くなってしまう。そうならないために!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

少々抽象的でわかりにくいかもしれませんが、お話ししたいことがあります。

「濃いものもいずれは薄くなります」

「強いものもいずれは弱くなりまます」

「苦しいものもいずれ苦しくなくなります」

時間が味方か敵か?

大事な人が亡くなりました。その瞬間の痛みと苦しみは、想像を絶するものがあります。

その痛みと苦しみがいつまでたっても続くのであれば、頭がおかしくなってしまいます。

そうです。時間がすこしずつ苦しみと痛みを和らげてくれます。

痛みはいいですが、強い覚悟は時間とともにどうなるでしょうかか?

強いものも弱くなります!

年末年始に一丸発起してスタートしたあなたの大事な覚悟。続いてますか?

そうなんです。この強い覚悟もいづれは知らず知らずのうちにどこかに消えてしまいます。

英会話始めようと誓った年初。忙しくて・・・。

ダイエットやるぞと決めたにもかかわらす、鳴かず飛ばずでうやむや。

どうすればいいの?

無理する必要はありません。簡単なんです。

自分を追い込むのです。

その中で一番効果の高いものを2つご紹介します。

1.不退転の状況に閉じ込める。

人に世話になったから、大金を借りたから、留学すると決めたから、等々とにかく引き下がれない状況に追い込むことです。

躊躇しているなら決断することです。但しこの決断がなかなか難しいのですが!

2.モチベーションをあげない。

この話はよく塾で中高生に話をしているのですが、「頑張るぞ」「やるぞ」ではなくて、とにかくコツコツ続ける。

・朝起きて何をする

・机を整理する

・昼寝をする

・友達の誘いとやんわりと断る

・疲れたらゲームを10分する

といった具合にスケジュールを決めることで、毎日の流れを儀式化することです。

イチローさんは、毎日同じ儀式を何十年も続けているそうですよ。

自分の儀式を作る!

結局のところ、とても大事なことは、自分のスタイルを自分で創る(ひとに言われて事をするのではなく)ことにつきます。

セルフコントロールとセルフビルディングです。

問題解決能力です!

塾の生徒に口をすっぱくして言っていることがあります。

ただ勉強するではなく、自分も問題を解決する方法を見つけろ、って言い続けてます。問題解決の能力のない人は、社会にでて大変苦労するからと。強調しているのです。

まとめ!

時間を味方にする、という事が重要です。つまり、時間は常に自分に襲い掛かってきて、ないも可も弱めてしまう。

それなら、その時間を力を逆用して「情けない自分」をどんどん弱めてもらえばどうでしょうか?

儀式は無理をしなくて済みます。淡々とすればいいからです。時間に邪魔されることはありません。

こんな関連記事もどうぞ: