Amazonがとうとうリアル店舗をシアトル郊外のモール内にオープンした!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

「Amazon Books」

11月3日にとうとうアマゾンがリアル店舗をオープンした!

シアトルで最も高級な屋外ショッピングモールとして有名なユニヴァーシティ・ヴィレッジ内に。

この「Amazon Books」の”ユニークな特徴”は、中途半端である(笑)ことらしい。
つまり、ネットの特徴も、リアルの特徴も、いまいちということなのか!?

ネットの特徴
・編集されていない無数のレヴュー
・瞬時の値付け
・コンピューターによる瞬時の検索
・ページのサンプルを簡単に参照できる

リアルの特徴
・たくさん並んだ本棚の中を探し回ること
・ちゃんとした値札
・実際にめくれる本であり、
・欲しい物を見つける手伝いをしてくれる確かな存在(通常は物知りの店員)

※このポイントは記事より抜粋

実際に行って確認してみたいものだ。

英単語のTIPS:
ここでリアルの店舗のことを「brick and mortar」(レンガとモルタル)という。
これはレンガとモルタルでできた建物から来ている。
そして、注意が必要なのが、モルタルの発音。
mortarは、「モーター」となる。車で使われるmotorは、「モウター」となる。

長い例文:
The definition of “brick and mortar” is a traditional “street-side” business that deals with its customers face to face in an office or store. The local grocery store and the corner bank are examples of “brick and mortar” companies.

レンガとモルタルの定義は、オフィスや店舗において顧客と対面する伝統的な街頭店舗ビジネスである。地元の食料品店や銀行などがレンガとモルタル型ビジネスの好例である。

02-img_7006-980x653

05-img_6956-980x653

06-img_6886-980x653

07-img_6851-980x653

10-img_7009-980x653

写真のクレジット:WIREDニュース