悪いことの連続「これでもまだそうくるか」のいかした英語の言い回し!

「As if this were not enough to reduce me to tears」

意味は:わたしを泣きたい気分にさせるには、まだ不十分と言わんばかりに、となります。

料理は焦がす、子供は泣く、電話はなる、郵便屋はくる、もうやめて!その上、突然旦那が同僚を夕食に連れてくるって!
これでもまだそうくるか!

長いので個別に解説します。

・As if this were not enough は、もうご存知の仮定法。まるで~のように、と訳すことが出来ます。仮定法の約束事で、be動詞は過去形の were を使うこと。仮に I でも were となりますよ。I wish I were… などがそうですね。

・to reduce someone to tears は、誰かを泣かせる状況に追い込む、という意味になるのです。

reduce には、~をある状態にする、変える、という意味があるので、上記の使い方となる。tearsは、涙の複数形。

こんな関連記事もどうぞ:

難関を突破した友人に対して、こんな英語の言い回しで!

2017.06.24
こんな関連記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

英語アドバイザー。役に立つ情報(英語)ブログ運営。学習院大学/サンフランシスコ州立大学卒業。アパレル企業代表取締役の元専任通訳・翻訳者。元IT系ベンチャー企業経営者。現大手個別指導塾英語講師。