「よくやった」って英語で子供を褒めてやりたい時には、この言い回し!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

日常会話で使えるちょっとした言い回しをご紹介する。

本日は「’at a boy / ’at a girl」

意味は、よくやったね、頑張ってね、という意味となる。

例文:
Whenever I win, Father says, ” at a boy! Good game!”
僕が勝つといつも父は、「よくやった、いいゲームだったよ」と言う。

※Father は、大文字にして代名詞なしでも使用可能だ。

When Rhonda gets good grades, her mom says, ” at a girl, Rhonda!”
ロンダが良い成績を取ると、彼女のおかあさんは、「よくやった、ロンダ」と言う。

追加情報:
at a boy は、that a boy の先頭の th がとれたもの。
at a boy は、attaboy と一語として使われることもある。
さらに、Merriam-Webster の辞書には attaboy は that’s the boy から変化したものとも記載されている。
that’s the boy も勿論、励まし、激励、 感嘆などの感情を表現したもの。