何気なく使っている野球の和製英語、実際の会話で通じる英語はこれ!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

続きで野球用語について!

しっかり我々の日常に溶け込んでいる和製英語。とてもしっくりくるものの多くある。
しかし、いざ英会話が始まると困ることが多い。

和製英語と本場英語をご紹介する!

エンタイトルツーベース

ランナーまたはバッターに2個の進塁が与えられるという意味。
英語は:
automatic double(オートマティックダブル)
book rule double(ブックルールダブル)
ground rule double(グラウンドルールダブル)
※これほどまでに異なるのは、どうやら英語のルールブックの文章、…entitled to two bases、を活用したものを言われている。

ウイニングショット

勝利を決する決定的な一打、決め球という意味。
英語は:
money pitch(マニーピッチ)
※英語はリアルな感じがする。

バックネット

ずばり、球が観客に当たらないようにする、グラウンドから遠くに行き過ぎないようにするためのもの。
英語は:
backstop(バックストップ)

JavaGypsie / Pixabay

フルベース

すべての塁が選手で埋まっているという意味。
英語は:
bases full(ベースィズ・フル)
bases loaded(ベースィズ・ローディド)
bases packed(ベースィズ・パックド)
bases jammed(ベースィズ・ジャムド)

シートノック

英語は:
fielding practice(フィールディング プラクティス)
例文としては
take fielding practice⇒フィールド練習を行なう
hit baseball during fielding practice⇒ノックを打つ

もっと知りたいという方は、
以下のサイトでとても多くの野球用語を解説してくれている。

参照記事:「☆☆メジャーリーグ開幕記念☆☆ 野球用語集」
学校で教えてくれない英語さんの記事より。