「足りない、欠乏している」って英語で言いたい時のこんな言い回し!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

「be hard up for」

なくて困っている、なくて窮している、という意味で使える言い回しです。

渋KUN
I’m a bit hard up this week.
今週ちょっとお金がたりなくて。
楽KUN
The country is hard up for doctors.
その国は医者が少なくて困っているよ。
渋KUN
We’re hard up for ideas.
アイデアがなくてさ。

あーささん
ドラッグやアルコールが足りない、という使い方もできます。英語では、in need of drugs or alcohol.
例文:
The old hobo is hard up for a drink.
年老いた労働者はお酒がに欲しがってたね。
あーささん
hoboの発音は「ホウボウ」。アメリカにおいて20世紀初頭の世界的な不景気の時代に、働きながら渡り歩いた労働者のこと、らしい。

こんな関連記事もどうぞ: