足りない、欠乏している、って英語で言いたい時のこんな言い回し!

「be hard up for」

なくて困っている、なくて窮している、という意味で使える言い回しです。

渋KUN
I’m a bit hard up this week.
今週ちょっとお金がたりなくて。
楽KUN
The country is hard up for doctors.
その国は医者が少なくて困っているよ。
渋KUN
We’re hard up for ideas.
アイデアがなくてさ。

 

ドラッグやアルコールが足りない、という使い方もできます。英語では、in need of drugs or alcohol.(THE FREE DICTIONARYより抜粋)

The old hobo is hard up for a drink.
年老いた労働者はお酒がに欲しがってたね。

hoboの発音は「ホウボウ」。アメリカにおいて20世紀初頭の世界的な不景気の時代に、働きながら渡り歩いた労働者のこと、らしい。

こんな関連記事もどうぞ:

気のないそぶりをする、って英語でどんな風にいうでしょうか?

2017.07.29
こんな関連記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

英語アドバイザー。役に立つ情報(英語)ブログ運営。学習院大学/サンフランシスコ州立大学卒業。アパレル企業代表取締役の元専任通訳・翻訳者。元IT系ベンチャー企業経営者。現大手個別指導塾英語講師。