それはどうかな?とあまり直接的に言わないでおく英語表現です!

「Don’t be so sure」

直訳では「そんなに確実とおもうなよ」といったところでしょうか。ここには、結論を急ぎすぎるなよ、まだはっきりしてないじゃないか、という気持ちが含まれてます。

ほかに以下のように付け足して使えると思います。

・I wouldn’t be so sure about that.
・I’m not so sure about that.

追加情報:上記の文中で使われている「would」は大変よく登場してきます。「will」の過去なんですけど。別に過去の話をしているわけではありません。事実と異なる状況や100%確実でない状況についてはこの「would」を使います。これ仮定法過去というやつです。if 文で書いてみますと;
楽KUN
If I were you,  I wouldn’t be so sure about that.
僕が君なら、その件そんなに確実とは思わないけど。

 

※if 文なしの形は頻繁に使われます。日本語においても、いちいち「もし」を使わずにどんどん会話が進むことがありますよね。

偶然2度あっただけで自分の運命の人と思い込む友人に一言といった状況:

渋KUN
Remember the boy I told you about?  I saw him again at the mall. He must be the one.
男の子の話したの覚えてる?またモールで見かけたの。運命の人に違いないわ。
楽KUN
Don’t be so sure.
それはどうかな。

 

こんな関連記事もどうぞ:

頼みごとしてきた友人に「あまり期待するなよ」とチクリと英語で一言!

2016.12.14


こんな関連記事も読まれています