そんな目でみないでよ、って英語でいうときはこんな言い回し!

「Don’t judge me like that」

本日は単語 judge について、そしてこの単語を使った言い回しです。この単語はわりと会話でよく使われます。でも判決を下す、や審判する、などいった意味だけではありません。

批判する
非難する

という意味での使い方ですよ。基本的にはネガティブなシチュエーション時が多いです。

こんな状況:
妻に内緒で遊んでいることが友人にわかってしまった時、「お前俺のこと非難しているだろ」なんていいますよね。

渋KUN
You’re judging me, aren’t you?
お前俺のこと非難しているだろ

 

またこんな状況:
あらぬことで疑いをかけられた男性、その前には奥さんが一言も言わずに冷たい視線を送っている。「そんな目で見ないでよ」

楽KUN
Don’t judge me like that.
そんな目で見るなよ。

 

さらに:

渋KUN
I don’t mean to judge you.
あなたを批判するつもりはないけど。

 

この後の会話はこんな風になりそうですよね。

楽KUN
But why the hell were you there?
じゃ、なんでそんなところにいたのよ?

 

こんな関連記事もどうぞ:

飛び込み営業という英語の言い回し、冷たいという単語を使います!

2017.09.07
こんな関連記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

英語アドバイザー。スムースジャズ・現代アート愛好家。役に立つ情報(英語)ブログ運営。学習院大学/サンフランシスコ州立大学卒業。アパレル企業代表取締役の元専任通訳・翻訳者。元IT系ベンチャー企業経営者。現大手個別指導塾英語講師。