貧乏くじをひく、っていう英語こんなのもありますよ!

「draw the short straw」

短いわらを引く、というこの言い回しは、draw straws という表現から来ています。これはわらもしくはわらのようなものを使ってくじをする。一番短いものを引いた人が負け、というものですね。

貧乏くじをひくとなるわけです。

楽KUN
I drew the short straw and ended up doing everything alone.
貧乏くじ引いて結局一人で全部やる羽目になった。

 

英語では、to be selected to do an undesirable task となり「望まない仕事をする羽目になる」ということですので、発言者のこの言い回しを聞いている周りの人間が「苦笑い」をすることもあると思います。

さて、以前にも同じような意味になる言い回しをご紹介しました。それは;

「hold the bag」

これには、上記の「draw the short straw」と異なり笑えません。なんたって全責任を振られるわけですから。

こんな関連記事もどうぞ:

感染している、って英語のこの単語を使うんですよ!

2017.05.31
こんな関連記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

英語アドバイザー。役に立つ情報(英語)ブログ運営。学習院大学/サンフランシスコ州立大学卒業。アパレル企業代表取締役の元専任通訳・翻訳者。元IT系ベンチャー企業経営者。現大手個別指導塾英語講師。