ビジネス英語の書き言葉、話し言葉をこの書籍からしっかり取り込もう!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

jarmoluk / Pixabay

「事業について知りたい・起業に関心がある」
「ビジネス英語を身につけたい、事業関連語彙を覚えたい」

1度に2度美味しい、なんとも虫のいい話を実現してしまおう、というのが今日の記事の内容です。これからこの2冊の書籍ご紹介します。原書と日本語本になります。

原書はこれ「E-Myth Mastery」!

E-Myth Mastery: The Seven Essential Disciplines for Building a World Class Company

日本語本はこれ「起業家精神に火をつけろ」

起業家精神に火をつけろ!―会社のために働くのではなく、あなたのために働いてくれる会社をつくる7つのルール

起業家精神に火をつけろ!―会社のために働くのではなく、あなたのために働いてくれる会社をつくる7つのルール
マイケル・E・ガーバー
エレファントパブリッシング
売り上げランキング: 153,530

日本語本から原書の順で!

随分前になりますが、出版されてすぐに日本語本を購入。まあ、読み終えるのに非常に多くの時間を費やしました。しっかりと内容を理解したかったもんですから。

はっきりもう仕上げて、起業のためのマニュアル書のようなものです。自分のものにするために、と思えば、さらに時間が必要になるかもしれません。

なんどもなんども見直して、確認して体に身につくまで(このフレーズわたしよく使いますね)本が擦り切れるぐらいに読み込む本です。

で、ビジネス英語学習の指導書としてとらえ、日本語本であらかじめ読み込んで、概要を押さえておく、というのがお薦めですね。

毎日少しづつ原書を読む!

さて、次に原書を毎日自分で決めたページ数をスケジュールして読み始める、というのをお薦めしたい、と思います。

忙しいあなたのことですから、英語のリーディングに充てる時間も限られているでしょう。早朝の30分、電車内での時間活用、就寝前など、時間をやりくりして組み込んでください。

もちろん、ビジネスの内容はわかるという方は、最初から原本でスタートしていただいてもかまわいませんが。

原書は約400ページあるので、
毎日1パージ強で約1年
毎日2ページ強で約半年
といった具合にスケジュール化することで目標設定ができますね。

英語の特徴シンプルで読みやすい!

内容は前述の通り、ビジネス起業に関する非常に多くの領域をとても細かく説明していますが、心配することはありません。

ビジネス用語の基本語彙はある程度要求されますが、小説などに多用される形容詞や熟語等は使われることが少ないので、読み始めるとペースが上がるに違いありません。

IMG_1211

物語展開で進んでいく!

ここで1つ書籍の展開というか、ビジネス書にも関わらず、マニュアル的でない組み立てをしています。

どういうことかと言うと、主人公(著者本人・上の写真の方)とそのクライエント(間違いなく彼の顧客)が対話をする形で進んでいくのですよ。

この展開が好きか嫌いかは別にして、自分がそのクライエントになったつもりで、いろいろなアドバイスを受けていく、といった進み方になっています。

まとめ!

原書はこれ「E-Myth Mastery」!
日本語本はこれ「起業家精神に火をつけろ」!
日本語本から原書の順で!
英語の特徴シンプルで読みやすい!
物語展開で進んでいく!

こんな記事もご参照ください!