悩ます、うんざりさせる、と言いたいときに英語のこの回しも!

「eat someone up」

意味は、悩ます、うんざりさせる、となります。

楽KUN
What about the fact that was eating you up?
あなたを悩ませていたあの事実はどうなの?
渋KUN
Her jealousy just ate me up.
彼女の嫉妬にはうんざりだった。

 

※モノを主語にして 「eat someone up」にすれば、悩ます、うんざりさせる、という感じになる。

楽KUN
I just want to eat you up.
君をたべてしまいたい。(君が大好きだ)

 

※人を主語にして「eat someone up」になれば、大好き、という意味になる。そして、「eat something up」にすれば、大いに熱中する、という使い方が出来る。

こんな関連記事もどうぞ:

よくやった、って英語で子供を褒めてやりたい時には!

2017.06.26
こんな関連記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

英語アドバイザー。役に立つ情報(英語)ブログ運営。学習院大学/サンフランシスコ州立大学卒業。アパレル企業代表取締役の元専任通訳・翻訳者。元IT系ベンチャー企業経営者。現大手個別指導塾英語講師。