やっぱりこういう経歴の方から英語を学びたくなるということ!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

とても個性的なイラストが目に付くサイト。そして、だれもこのサイトを書いている人が日本人ではないと疑うことはないだろう。

その語り口や説明文の日本語に違和感などない。長い間英語圏で生活をされた日本人の方が解説しているに違いないと。

彼のプロフィール写真をみるまでは。

1.翻訳家のルーク・タニクリフさん!

ご紹介する。今までに何度かシェアさせていただいたことがある、翻訳家のルーク・タニクリフさん。そして彼が主幹する英語学習ブログ「英語 with Luke」

ルーク・タニクリフさんの略歴:

・アメリカ人とイギリス人のハーフ。
・13歳でイギリスからアメリカの高校へ転校。
・イギリス英語とアメリカ英語の違いを意識。
・英語学習者への英語指導に関心を持つ。
・2005年にJETプログラムで初来日。
・新潟の中学校で2年間英語を教える。
・そこで生徒に英語に関して日本語で説明を書き始める。
・アメリカに帰国後、再来日。
・東京大学で翻訳論を学ぶ。
・現在はビジネス翻訳の仕事に従事。

ルークさんのサイト:「英語 with Luke」

無題

2.英語学習ブログ「英語 with Luke」!

関連記事より抜粋:

まるで「知恵袋」! 大人気英語学習ブログ
「アイドルは英語でなんと言う?」「it’sとitsはどう違う?」「面倒くさいをうまく表現するには?」……こんな風に、日本人がうまく表現できなかったり、使い分けられなかったりする英語のモヤモヤを解消してくれる記事があるかと思うと、「悪臭に関するユニークな英単語」「犬の10の鳴き声」「いろいろな髭を表わす英語」など、ツボな観点からまとめられたボキャブラリー集も。さらには、「アメリカで人気の麺は?」「米英の”うま味”ブーム」といった、思わず「へぇ~」と声が出てしまうような文化やトレンドの解説に、英語学習に役立つウェブサイトや教材の紹介、履歴書サンプルなどのビジネステクニックまで。

記事のクレジット:http://www.alc.co.jp/gogakuup/blog/2013/10/eigo-with-luke-01.html

3.まとめ!

英語指導者自身に語学学習の経験がない方が多い昨今、彼自身が日本語を学ぶという語学学習を体験していることはとても貴重なことだと感じる。

語学学習のどこが大変なのか、どこがポイントなのか、どうやって克服すればいいのか、どうやって身に着けたのか。知らない方々から教わるというのはどうだろうか!?

そんな彼だからこそ、私たち日本人がどんなことで悩んでいるのか、どんなことを知りたいのか、がわかるに違いない。

今後も彼の活躍に期待したい。