普段の会話力があがるどんぴしゃのかっこいいフレーズを20連発!の第8弾

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

lcarissimi / Pixabay

普段何気なく使っている「的を得た」日本語の言い回し。

でも英語でなんというんだろう?
和英辞書で調べると、なんともしっくりこない。
ということありませんか?

普段の会話で知ってると大変助かる言い回しを例文と解説付きで20連発!

第8弾です!

「~ around」

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

学校で習う英語と全然違うよ!
文法なんていらないよ!
どうして教えてくれないんだ!

こんな声をよく耳にします。

いいじゃないですか、今から全部覚えてしまいましょう。教育制度に文句を言っても、いつまでたっても改革してもらえません

そんなこと期待していたら年を取ってしまいますよ。

どんどん「自分で学習する」がネット時代の防衛手段です!

本日は「around」を使った熟語をアップしたいと思います。

「stick around」

あーささん
ライブハウスでアーティストが休憩に入る前に、この言い回しを使いますよ。
あーささん
どこにも行かないで、しばらく時間をつぶしてね!という意味になりますよ。

楽KUN
We’ll take a short break.  Stick around.

なんて訳しましょうか?でも「感じ」掴めますよね。

日本のライブの時には、どんな表現をつかうのでしょうか?もしご存知の方がいらしたら教えてください。

渋KUN
Why don’t we stick around until they show up?
彼ら来るまでしばらく待ちましょう!
あーささん
Why don’t weは、なつかしいです。これ中2で習いますよ。~しましょう!という意味です。

「hang around」

あーささん
ぶらぶらする、時間を無駄にする、なんていう意味です。
渋KUN
I think I’ll hang around here for a while.
ちょっとだけここで時間つぶそうかな。

「mess around」

あーささん
ぶらぶらする、なんていう意味です。hang aroundとほとんど同じですかね。
渋KUN
Stop messing around and get busy.
ぶらぶらしないで仕事しろよ。
渋KUN
He spends all day messing around.
奴なにもしないで一日中ぶらぶらしてるよ。

あーささん
get busyは、直訳では忙しくする、なりますが。仕事しろ、仕事に取り掛かれ、というニュアンスですね。

「fool around」

あーささん
これも上記の2つと似ています。時間を無駄にする、目的もなくぶらぶらする、という感じです。但し、もう一つ女子といちゃいちゃ(それもかなり)するの意味もありますよ。

「fxxk around」

そして、ここまで来れば、意味も感じ取れますよね。仲間同士で普通使いもできますが、下ネタ系、下品でやんちゃな感じで使えます。

こんな関連記事もどうぞ:

「I’ll be around.」

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

「I’ll be around.」

楽KUN
Nice meeting you.  Keep in touch.
(どうも(会えてよかったよ)、連絡とりあいましょう)
渋KUN
Yeah, I’ll be around.
(もちろん、それじゃまたね。ここにはよくいるんで)
あーさ
Nice meeting you.の訳になる(会えてよかったよ)は、敢えてかっこで囲みました。
わたしたち、直接的にあまりこのような表現をつかわないので。
あーさ
他にもたくさん言い方があります。
See you.:またね
See you around.:また会おうね
Later.:あとでね
See you then.:その時に会おうね
Bye for now.:またね
Take it easy.:じゃあね
Take care.:じゃあね
Talk to you later.:じゃあね
Nice meeting you.:お会いできてよかったです
Good to see you.:会えてよかったです
Have a nice day then.:では失礼します
Have a good one.:じゃあね
Have fun.:楽しんで
Enjoy.:楽しんで
I gotta go.:もう行かなきゃ
I’ll text you later.:メールするね
TPOは別の機会でも。

こんな関連記事もどうぞ:

「know better than to」

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

「know better than to」

あーささん
比較級表現でこんなに便利な言い回しがあるんですよ!
あーささん
英訳では、to be wise or experienced enough not to do somethingのようになりますね。
thanの後のto不定詞がポイントですよ。

楽KUN
Don’t tell me you have talked to her about it.
(まさかその件彼女に話してないよね?)
渋KUN
I know better than to do such a thing.
(そんな馬鹿なことはしないよ!)

こんな関連記事もどうぞ:
これも比較級の使い勝手の良い表現ですよ!

「seeing as」

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

こんな言い回しがあればいろいろ使いまわしができますよね。

「seeing as」

楽KUN
Seeing as you’re busy, I’ll leave soon.(忙しそうだから、もう帰るわ)
渋KUN
Don’t bother.(気つかうなよ)
あーさ
これは、seeing を接続詞として使います。
・seeing as で、because のように使えます。
・seeing+ that 節も同様に使用できます。さらにthat は省略可能です。
あーさ
追加情報:because since as について
because は、明確な理由を提供するときに使います。強調することが出来るのです。
since は、話し手、聞き手ともに知っていることを提供します。よって強調は出来ません。
as は、補足的な説明をするときに使うので、これも強調は出来ません。
あーさ
・don’ t bother me は、邪魔しないで、うんざりだ、と言う意味です。
・don’ bather は、上記の通りの意味になります。
あーさ
追加情報:Don’t bother to doやDon’t bother doing で、わざわざ~するには及ばない、~しなくて結構です、という言い方もあります。

こんな関連記事もどうぞ:

「That’s a shame」

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

「That’s a shame」

とてもよくつかわれる言い回しです。相手から出来ない理由と聴いて、返答する言葉です。「それは残念だ」と訳してくださいね。

ジェームスボンドの最新作「Spectre」の中でこんな感じで使われてますよ。

Moneypenny:Your delivery.
マニペニー:お届け物よ。

Bond:Thank you.  Would you like a drink?
ボンド:ありがとう。飲むかい?

Moneypenny:No, thanks.  I’m not staying.
マニペニー:結構よ。すぐに帰るから。

Bond:That’s a shame.
ボンド:それは残念だ。

こんな関連記事もどうぞ:

「hands down」

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

「hands down」

あーささん
努力しないで、わけなく、明らかに、という意味の副詞ですよ!
あーささん
英語では:without much effort, very easily, without any doubt(Merriam-Websterより抜粋)
あーささん
こんな似た表現ありました。「hand-me-down」!これは、おさがり、という意味でしたね。

例文:

楽KUN
The Giants would beat the Carp hands down.
ジャイアンツはカープに簡単に勝つよ。
渋KUN
The last time we played tennis he beat me hands down.
前回テニスやった時。ヤツ俺の事簡単に負かしやがった。

こんな関連記事もどうぞ:

「far out」

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

「far out」

あーささん
英語では:very advanced, experimental, extremely unconventional, strangeになります。進歩的な、実験的な、型にはまらない、おかしな、という意味ですね。
あーささん
これは1960年代から使われている口語です。いまでも使われているようですが。
あーささん
意味は:凄い、素晴らしい、なります。cool、greatと同様に「すごい」とか「カッコいい」という気分を表す時に使われる表現です。

渋KUN
Far out, dudes!
渋KUN
Far out, man!

とこんな感じで、なんでもかんでも使ってました!笑!

こんな関連記事もどうぞ:

「give it up for」

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

本日は拍手を送る、という言い回しについてです。

「give a hand」という以外にも、「clap」と「applause」という単語を使って色々表現出来ます。

楽KUN
私たちは拍手した。
We clapped our hands.
楽KUN
キャシーに大きな拍手を送ろう。
Let’s give Cathy a big hand.
渋KUN
そのシンガーは聴衆から拍手を受けた。
The singer was applauded by the audience.

さて、本題の言い回しですよ。

「give it up for」

give upだと、あきらめるという意味になっちゃうのですが、この言い回しで、拍手を送るや褒める、という事になるのです。

よく耳にする場所としては、DJなんかが使ってますよ。

楽KUN
Yeah, give it up for Paul MacCartney.
イェー、ポールに大きな拍手を!

こんな関連記事:

「The thing is….」

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

「The thing is….」

あーささん
説明がしていてまとめたい時つかいますよ。これをまず言って、大事なことや,要点をまとめるのですね。

手っ取り早いのでよく使います。
こんな意味でしょうか。

たいせつなのは
じつをいうと
本当は
要するに

英訳では、The issue, main point, or problem is:(The Free Dictionaryより抜粋)

渋KUN
I’ve thinking a lot about that show. The thing is, I don’t have enough money for the tickets.
そのコンサートのことよく考えたんだけどさ。要するに、チケット代ないんのよ。
楽KUN
I can’t go out tonight.
The thing is I have to take care of my sisters.
今晩外出はできないよ。
実は、妹たちの世話をしないといけないんだ。

こんな関連記事もどうぞ:

「settle for」

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

題名から言い換えの言葉を連想すると、わたしなら compromise という単語が出てきます。意味は、妥協するです。(硬い感じがしませんか?!)

「settle for」

あーささん
上記のフレーズを使うと、本当にどんぴしゃの感じなんですね。

英語では、to accept or agree to something, or to decide to have something, although it is not exactly what you want or it is not the best:(Cambridge Dictionaryより抜粋)

渋KUN
He won’t settle for anything less .
ヤツ妥協しないよ。

settle を使ったほかのフレーズを少々。

「settle down」

あーささん
落ち着く、てい着するという意味です。
He quickly settled down in his new job.
彼はすぐに新しい仕事に慣れたよ。

「settle up」

あーささん
今度は、逆に借金を返すという意味です。
I’ll settle up with you later.
あとでお金返すかね。

こんな関連記事もどうぞ:

「nothing I like more than」

「是非」という日本語表現を、「強く」とか「確かに」という表現に言い換えるのも一つです。

話者の気持ちに立って、その気持ちを言葉で伝えるのですから、「何が正解」「何が間違い」というものなないと思います。

でもこんな英語表現はいかかでしょうか!

There is nothing I like more than taking you out.
是非(大いに)君をデートに誘いたいと思っているよ、本当。

これは:There is nothing I like more than A.

あーささん
A 以上のものは望まない、と言う意味になります。言い換えれば、望むのは A だけ、つまり大いに A したい、と言うことが出来るのですよ。
あーささん
この表現は日本語の辞書では見つけることが出来ませんでした。その代りに以下のような表現が記載されていました。意味としては、「~にすぎない」とか「~だけ」と記載されています。さらに、「大いに~したい」もありました。
あーささん
I like nothing more than A.
わたしはただ A したいにすぎない。
あーささん
He wanted nothing more than to take a rest.
彼はただただ休憩したかっただけ。

日本語の辞書にはなかったのですが、現地の新聞やサイト等では頻出の表現となっているので例文を記載しておきます。

楽KUN
There is nothing I want more than to love you for the rest of my life.
望むのは一生君を愛することだけ。
渋KUN
There is nothing in the world I want more than to marry you.
君と結婚すること以外になにも望まない。

追加情報:
※more than の後には、to 不定詞もしくは動名詞による句のどちらでもセットできる。

こんな関連記事もどうぞ:

「with+目的語+分詞」

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

この言い回しをご説明するまえに。

英文法から英会話?

英会話初心者の方々の「臭い」というのは案外強いものです。

読解や英文法のテキストで覚えた文章を、そのまま日常で使ってしまうと案外この「臭い」が強くなります。

なんてことはありません。通じないことはないのですが、堅苦しいのです。

例えば、覚えたての日本語を使う海外の人たちの日本語会話を想像してみてください。なんとなく違和感がありますよね。

現地で日本人の方の英語を聴けば、その方がどのくらい現地になじんでいるかわかります!

トライすること!

しかし、安心してください。そのままトライしてほしいのです。そんなこと気にしてたら「喋る」ことが怖くなります。

間違ってようと、テキストの文法表現のままであろうと、喋ってしまえばいいのです。

ここが重要なポイントです。

当然のステップです。この段階を一気にパスすることは出来ません。順番です。

トライして間違ってれば修正すればいいのです。

あのスーパースターのイチロー選手の言葉をお借りします。こんなことを言っていました。

恥をかいて覚える!

「苦しまないで達成した目標は意味がない」だったと思います。

どう意味かというと;

簡単にできたことは、もう一度簡単に再現出来ない。苦しんで悩んで繰り返して覚えたことは、何度でも同様のことが出来る、という事だと思います。

なぜって、あらゆる可能性とあらゆるチャレンジをしたので、頭と体にそのデータが染み込んでいて、瞬時に対応できるようになっているのです。

わたしも現地で随分と「恥」をかきました。

では、本日のテーマに入ります。

「with+目的語+分詞」表現!

あーささん
これ分詞です。文法用語でいいますと、「付帯状況を表現」になります。

こんな表現会話であり?

ありますよ!

頭の林檎を撃ち抜くパフォーマンスで、狙いを定めて的を撃たなければならないのに、撃つ瞬間目を閉じてしまった彼。

渋KUN
He shot at me with his eyes closed.
ヤツ目閉じたまま撃ってきた。

他の例文は!

楽KUN
Look at that.  The baby sleeps with her eyes open.
見て見て、あの赤ちゃん眼あいたまま寝てるよ。笑!
渋KUN
Don’t talk with your mouth full.
食べ物を頬張ったまましゃべるな。

あーささん
次のこれはwith使わないで言った方がまどろっこしくないかもです。
「車のエンジン掛けたままいかないように」

「Don’t leave your car with its engine running.」でもいいんですけど、車という表現でエンジン込みのニュアンスがあるので。

「Don’t leave your car running.」が良いと思いますです。

こんな関連記事もどうぞ:

「sorry for」

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

「sorry for」

まずは、これから。

I am sorry.

あーささん
欧米社会ではあまり「I am sorry.」って言わないほうがいい、と聞いたことがありませんか?理由はいろいろ言われていますが、自分の非を認めることになる、という事が背景にあるようです。
あーささん
親しい間柄では当然使ってますよ。それでも「自分の非を認める」ことには違いありませんけど。

我々の社会では、この一言から始まるのでつい口をついてでしまいますが、アメリカでは、悪くないあなたが、これが原因で逮捕されるという事もあり得ます。(詳細はネットで検索してみてください)

I am sorry for your loss.

あーささん
定番の言い方ですね。お悔やみ申し上げます、になります。

では、これはいかがでしょうか?

I feel sorry for him.

あーささん
これだと、彼気の毒だよね、彼かわいそうね、って言う意味となります。同情するニュアンスです。

では、こちらは。

Stop feeling sorry for yourself.

あーささん
feel sorry for yourself.で自分自身のことをあわれ、かわいそうに思う、から「自分の事哀れに思うのやめなさい」。もっと言うと、不幸によってじゃないよ、の感じも入れても良いかもしれません。

そしてもう一つ。

Stay sorry for yourself.

あーささん
もう、自分のことあわれんでなさいよ、っと言放つ感じですね。仕事を首になって落ち込んでいて、励ましても動こうとしない彼に、もういい加減にしなさい。というニュアンスです。

こんな関連記事もどうぞ:

「What gives」

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。本日はこの言い回しですよ。

「What gives」

この解説をする前にこの件についてご紹介したいと思います。

日本語にないこの言い方は、高校生の文法でも英訳する時になかなか厄介なものの1つです。例文でご紹介しましょう。

What makes you think so?

直訳は、「何があなたをそう考えさせたのか?」になります。

使役動詞の make を使った make+目的語+原形動詞というものですね。

でも、馴染みのある日本語にすると;

「どうしてそう思うのよ?」

そうなんです、このパターンは英語ではよく使われますよ。こんなのものありますよ。

What took you so long?

直訳は、「何があなたにそんなに時間をかけさせたのかい?」意味わかんない!?

これは;

「なぜそんなに時間がかかったの?」

さて、本題に入りますよ。

あーささん
「What gives?」はどうしたの?何があったの?という意味で使われます。口語ですね。
あーささん
どうしたんだ ?という意味。由来はドイツ語 Was gibt’s? (What is going on?、What’s the matter?) からきているそうです。(Weblioより抜粋)

追加情報:最近はあまりつかわないようですよ。

こんな関連記事もどうぞ:

「around」

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

点と線!

突然ですが、「点が線になる」って聞いたことありますよね!

ある一つ小さなの事がどんどんと繋がって全体像が見えてくる、という感覚の事ですね。

塾で生徒に言い聞かせていることがあります。

私:「ロボットのように単語の丸暗記をしていても、長文読解には役に立たないよ」
生徒:「覚えろっていたじゃないですか」
私:「長文読むときは頭を柔らかくしな、点が線になるように」
生徒:「意味わかんない??!!」

完璧に単語を覚えても、なかなか長文は訳せません。だって日本語と英語はとらえ方が違うからです。

想像する!

そんな時には、頭を柔らかくして軽く創造しながら訳すんです。そうすれば何とかイメージが捕まます。点が線になるんです。

1つの単語の意味に縛られていると、日本が組み立てられずに諦めてしまうからです。

こんな例をご紹介しましょう。

think:思う。
want:欲しい。

そして不定詞の名詞的用法でこんな例文が出てきます。

I want to visit my uncle.

さて、和訳はどうしましょう?

生徒たちは、一生懸命に訳しています。「訪問することを欲しがる」??

テキストや教科書には以下のような和訳が記載されいます。

私は叔父を訪ねたいと思っています。となります。

「思っています」という和訳では、生徒たちは think 想像します。

ですから、和文英訳では「think」がそこら中に登場します。want to という不定詞はどっかに追いやれらています。

これ、大人になってからの英会話でよくお目にかかる現象です。

ではどのように修正しましょうか?

状況説明と言い回し!

「状況説明」と「言い回し」をリンクさせればいいんです。

私達が両親からじっくり日本語を教わったように。そうですれば、脳に焼き付いて離れません。

長くなりました、「around」の話に戻ります。

いろいろな言い回し!

get around:動き回る、広まる、よける、という意味の言い回しです。

特に最後の意味の、よける、避ける、は面白い表現ですね。

He is good at getting around his parents.
こいつは両親から逃れるのに長けている。

stick around:残る、ぶらつく、という意味の言い回しです。

テレビ番組の司会者がよく、CMに入る前によくいいますよ。

Stick around!  Don’t go away.
そのままチャンネル変えずにいてね。

mess around:ふざける、馬鹿をやる、という意味です。

hang around:だらだらする、無駄な時間をすごす、という意味です。

楽KUN
What’s up?
どうよ?
渋KUN
Hanging around, doing nothing.
なんもしないでぶらぶらしてるよ!

こんな関連記事もどうぞ:

「easy」

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

「easy」

あーささん
あなたの堪忍袋の緒が切れました。頭に血が上り怒りまくってます。そんなとき相手はこんな風に言うかもしれません。

Hey, easy! Just easy!

この状況の「easy」は、「ね、落ち着いてくれよ、落ち着いて」という感じになります。

あーささん
こんどはこんな使い方です。この車エコだよね。

This car is easy on the environment.
この車は環境にやさしいんだよね。

あーささん
もう一つご紹介しましょう。それは、人やモノの見た目がいい、魅力的なという意味の言い回しです。俗語でしょうか。

It’s easy on the eyes.
魅力的だよね。

あーささん
さあ、ほかにいつくかご紹介しておきましょう!

Take it easy.

使い方はいつくかありますよ。

・友達と別れ際の挨拶に、「じゃ、またね」という意味で使えます。
・興奮する相手に、「落ち着いていこう」と言いたいときに使えます。

Go easy on him sometimes.

厳しく指摘ばっかりしている彼女に、友人が一言。「たまには彼に優しくしであげな」って言う意味ですよ。

こんな関連記事もどうぞ:

「squared away」

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

「squared away」

あーささん
使い方は、get something squared awayになります。

渋KUN
We’ve gotta get everything squared away before Mom gets back.
ママが返ってくるまでに全部片づけなきゃなんないよ。
あーささん
また、奇麗に片づけるという意味以外にも、状況などを立て直す、という意味もありますよ。
楽KUN
I’m not really squared away on this stuff.
まだこの件しっかり片付いてないんだ。

こんな関連記事もどうぞ:

「a well-to-do family」

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

「a well-to-do family」

この言い回しのご説明をする前に少々。
最近思うことがあります。

これだけ、世の中に英語・英会話の専門家と言う方々が現れ、そのサイトで熟語や文法を投稿している時代はないのではないでしょうか?!

英会話上達のため講師や書籍その他をどうやって選別します?
・安近短
・簡単
・すぐ

残念ながら、語学学習にはこれはありません。

では、かなり英語に自信のある方は?

英会話上達のため講師や書籍その他をどうやって選別します?
・外国人講師
・英語資格高得点取得者
・ネイティヴ発音

残念ながら、これも当てにななりません。

ネットの現状:
・喋れない、英語を知らない方々が大勢いるからです
・高得点は会話上手につながりません
・アルバイト感覚の外国人講師がほとんどです

つまり、皆さんも誰を選ぶかという重大な選択に迫られているのです。しっかり分析してください。

さあ、言い回しの説明に入ります。

「a well-to-do family」

あーささん
英語で言いますと、having more than adequate financial resources :
(Merrian-Websterより抜粋)
あーささん
使い方は、well-to-doあとにfamilyをつかて可算名詞とし、冠詞の a を付けます。

渋KUN
I can tell by his tone of voice, you know.
彼の喋るトーンでわかるよね。
楽KUN
He is from a well-to-do family.
裕福な家庭の出身だね。

こんな関連記事もどうぞ:

「don’t care」「don’t give a sxxt」「don’t give a fxxk」

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

「don’t care」「don’t give a sxxt」「don’t give a fxxk」

あーささん
構うもんか、っていう時に使う言い回しです。
あーささん
こんな順番で俗語が加わり、仲間内での使用に限られてきます。他人の前やあらたまった場所、さらに目上の人のか中では、使い方に気を付けましょう。
あーささん
みんな使っているからって、イージーに使うと出所を疑われますよ。そんなことどうでもいいという人は別ですが。
あーささん
以前にも書きましたが、基本活字にしませんので、「xx」としてごまかしてます。もうお分かりかと思いますが;
sxxtは、shit。
fxxkは、fuck。
渋KUN
I don’t even care what people says about me.
人はなんて言おうと気にしないよ。
渋KUN
I don’t give a FXXK.
どうでもいいのさ。

こんな関連記事もどうぞ:

「get one’s wires crossed」

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

「get one’s wires crossed」

あーささん
ワイヤーがクロス(絡む)って、という直訳から想像可能ですかね。絡むという事は混乱する、つまり誤解する、勘違いする、になりますよ。
あーささん
英語で言いますと、if two people get their lines crossed, they do not understand each other correctly:(The Free Dictionaryより抜粋)
渋KUN
You don’t know what you are talking about. You’ve really got your wires crossed.
君何言ってるかわかってないよ。本当に勘違いしているよ。

こんな関連記事もどうぞ: