英語関連購入して使ってみて良かったアイテム総まとめ2015年度版!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

今年に入ってかなりいろいろな英語関連グッズを購入した。

実際にしようしてきて良かったと思えるものをここでまとめてご紹介しておく。

1.徹底例解ロイヤル英文法

IMG_1228

さあ、まずはこの文法書から。厚さ約5センチからもご想像いただけれうとは思うが、解説と例文でぎっしり埋まっている。
索引は4種が用意されているので非常に調べやすく重宝する。
1.文法事項索引
2.英文語句索引
3.日本語表現索引
4.機能別会話慣用表現・談話語句索引
勿論ネット上ではかなりの情報を収集できるのだが、最終確認やら深掘りにはこの書籍に戻ってくる。
今のわたしにはなくてはならない書籍をなっている。

参照記事:「単語の辞書があるように、英文法の辞書もある!英文法のマストバイ辞書はコレ!」

ロイヤル英文法―徹底例解
綿貫 陽 須貝 猛敏 宮川 幸久 高松 尚弘
旺文社
売り上げランキング: 3,838

2.バイリンガル版 SHERLOCK ピンク色の研究

IMG_1182

マンガではあるが、この内容はシャーロックホームズの原作の会話である。つまり、映画の英語字幕を読んでいると同様のことになる。

この会話どんな英語になるのだろうか、と思いながら読めるのもよい。何故なら日本語の小さい噴き出しが付いているからだ。

個人的にはアニメの顔も映画の主人公たちととてもよく似ているのでなかなかだ。まだこの一巻しか出版されていないので、続きが楽しみだ。

参考記事:「マンガで会話英語を押える、噂の英語漫画シャーロックがすごい!」

バイリンガル版 SHERLOCK ピンク色の研究
KADOKAWA/中経出版 (2015-06-10)
売り上げランキング: 7,240

3.「新・英語で語る日本事情」

IMG_1269

日本の文化には多くの側面がある。しきたりや慣習ばかりでないことは言うまでもない。若者たちが作り出す新しい波や流行もそのひとつ。

そんな事象をきちっと捕まえて英語にしているのがこの書籍。もう一つ共同の執筆者に日本文化に精通した米国人も参画していることだ。

わたしは常に意識しているのが、日本人英語にならないこと。その点、米国人の専門家が参加しているの安心だ。

舞台芸術や音楽、ピップカルチャーやマスコミ、さらには家族問題まで取り上げている。

参照記事:「突然英語で訊かれても大丈夫、いざとなればこの本出して説明すればいい!」

新・英語で語る日本事情

新・英語で語る日本事情

posted with amazlet at 15.12.23
江口裕之 ダニエル・ドゥーマス
ジャパンタイムズ
売り上げランキング: 68,436

4.英語の雑談力があがるちょっとしたフレーズ

IMG_1288

日本人として米国やカナダの出版社にエッセイや小説を寄稿する言葉のエキスパートの著者が、現地で使われる役に立つフレーズを紹介している。

ワンランク上の語彙をゲットしたい方には待ってましたの書籍。

どの言い回しやフレーズをどんなタイミングやニュアンスで活用できるか、こんなことがわかる書籍である。伝えるという側面から言葉に関った方ならではの一冊。

英語の雑談力があがる ちょっとしたフレーズ
モーゲンスタン 陽子
幻冬舎
売り上げランキング: 61,217

5.Amazon Kindle Paper White

IMG_1281 (1)

昨日使用レビューでご紹介したこのツール。

英語書籍を読みまくるには非常に優れたアイテムである。iPadと比べても遜色ない。キンドル本の総数と価格を考慮すると圧倒的にコストパーフォーマンスがいいからだ。

特にアマゾンのプライム会員ならば、リーダーを安くでき入れることが出来る。

詳しくはこちからから:「英語学習にどのように使えるか、Amazon Kindle Paper Whiteをレビューする!」