「1単語1意味」の覚え方から脱して、多く意味を持つ単語を例文で覚えよう!③

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

単語には多くの意味がある。「1単語1意味」だとどうしても融通が利かない。
かといって3,4個一度に暗記するのは大変だ。

だったら例文で覚えてしまおう、というのが本日の狙い!第3回目!

さっそく以下の問題にトライしてほしい!

Fill in all five blanks with one word to complete the sentences.(What one word fills all five blanks in the following sentences?)

A① He wants to spend a large(  )on renovating his office.
A② You’ll get a lump(  )of $100,000 when you retire.
A③ You’d better do your(  s)before you decide how much to spend.
A④ To(  )up, you must stop smoking.
A⑤ That about(  s)it up.

正解は「sum」!

A① 彼は自分のオフィスのリノベーションにまとまったお金を使いたいと思っている。
A② 退職する際には一括払いで1000万円受け取れる。
A③ いくら使うか決める前に計算したほうがいい。
A④ まとめるとね、禁煙するべきだね。
A⑤ 要約すると、そんなところになる。

日本語の辞書で意味や例文等を確認したら、英英辞典でさらにその意味の確認をすることでどんどん英語の形や語順さらには英語言い回しが頭に印象付けられる。
(Longmanより引用)

A①に関して:
large/substantial/considerable etc sum
an amount of money

A②に関して:

A③に関して:
informal British English
to calculate whether you have enough money to do something

A④に関して:

phrasal verb

to give the main information in a report, speech etc in a short statement at the end
[= summarize]

A⑤に関して:
spoken
used to say that a description of a situation is correct

追加情報:A⑤について他に以下のような表現もある。
That pretty much sums it up.(とても的を得ている)
That much sums it up.(かなり的を得ている)
That about sums it up.(要約するとそんなところ)
That kind of sums it up.(まとめるとそんな感じ)