「1単語1意味」の覚え方から脱して、多く意味を持つ単語を例文で覚えよう!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

単語には多くの意味がある。「1単語1意味」だとどうしても融通が利かない。
かといって3,4個一度に暗記するのは大変だ。

だったら例文で覚えてしまおう、というのが本日の狙い!

さっそく以下の問題にトライしてほしい!

Fill in all five blanks with one word to complete the sentences.(What one word fills all five blanks in the following sentences?)

A① He has resigned his(  )recently.
A② You(  ) up a notice on the wall.
A③ Don’t forget to(  )this letter.
A④ We’ll keep you(  ed).
A⑤ Tell me how to publish a blog(  ).

正解は「post」!

A① 彼は最近辞職した。
A② あなたは壁に掲示物を貼った。
A③ 手紙を投函するのを忘れないで。(主に英国。米国ではmail)
A④ 手紙を書きます。知らせます。
A⑤ ブログ記事の投稿の仕方教えて。

日本語の辞書で意味や例文等を確認したら、英英辞典でさらにその意味の確認をすることでどんどん英語の形や語順さらには英語言い回しが頭に印象付けられる。
(Longmanより引用)

A①に関して:
job[countable] formal
a job, especially an important one in a large organization [= position]

A②に関して:
public notice also post up
to put up a public notice about something on a wall or notice board

A③に関して:
letter British English
to send a letter, package etc by post [= mail]

A④に関して:
spoken
to regularly tell someone the most recent news about something

A⑤に関して:
internet message
to put a message or computer document on the Internet so that other people can see it

まとめ!

少し手間はかかるが、上記のように例文で覚え、日本語と英語の辞書の双方でしっかり確認するのが重要。ちなみに、この先には日本語の辞書使用が少なくなり、英語辞書が中心となるステージがやってくる。