すでに英語として使われているorigami、でもこの人の折り紙は凄い!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_1217

手先の器用なわたしでも、これは無理!

こんな折り紙を折る人がいる。彼の名前はピーター・エンゲルさん。
ウィキペディア英語版のアドレス:https://en.wikipedia.org/wiki/Peter_Engel

彼の書籍「FOLDING the UNIVERSE Origami from Angelfish to Zen」には、想像を絶する折り紙作品が、折り方とともに紹介されている。

また英語タイトルが素晴らしい。「FOLDING the UNIVERSE」
わたしは、日本語を「宇宙を織る」としてみた。どうだろうか!

せっかくの英語書籍なので、折り紙に共通して使われる、英語の言い回しを少し上げておく。プラス説明に使える英文も加えておく。

頻出の名詞・動詞 は、crease (折り目、、折り目をつける)

01.valley fold(谷折り):Swing the lower edge upward
02.mountain fold(山折り):Swing the lower edge underneath
03.inside reverse fold(中割り折り):Crease firmly to form the line of the reverse fold.  Spread the open edges of the paper, and turn the top portion inside out.  Flatten.
04.outside reverse fold(かぶせ折り):Crease firmly to form the line of the reverse fold.  Spread the open edges of the paper, and turn the top portion outside in.  Flatten.
05.kite base(凧の基本形):
06.fish base(魚の基本形):
07.frog base(蛙の基本形):
08.bird base(鳥の基本形):
09.petal fold(花弁折り):
10.squash fold(つぶし折り):
11.blintz fold座布団折り):cushion foldとも呼ばれている。
12.crimp fold(斜めに段折り):
13.pleat fold(段折り):
14.rabbit’s ear fold(つまみ折り):
15.open sink fold(開いた沈め折り):
16.closed sink fold(閉じた沈め折り):

さて、これは彼の作品の一つの「サソリ」
これを折り紙で折ることじたいがしんじれれません。

IMG_1218

興味のある方は:アマゾンのこちらでご確認いただきたい。

FOLDING THE UNIVERSE

FOLDING THE UNIVERSE

posted with amazlet at 15.10.17
Peter Engel
Vintage
売り上げランキング: 419,041

最後に、鶴の折り方を紹介している動画をご紹介する。
字幕をオンしてリスニングと音読のトレーニングに活用できる。

まとめ!

書籍の著者の書き言葉としての英語、そして動画の作者の話し言葉の英語では、当然のことながら異なっている。
冒頭の英語解説の分は、活字印刷向けのかっちりとしたもの。そして動画は普段の語り言葉になっている。両方認識できるとなおよいのではないだろうか。