英語で自分の名前の綴りを伝えるときには、これを使いますよ!

「for」「as in」

電話などで、相手に名前を伝えるときに、メールアドレスを聞き返すときに、よく使用する確認の言い回しです。

特に自身の名字を使えるときには、相手が聞き返してこなくても伝えるようにしていました。

英語ではフォネティックコードとよばれるものを使って聴き間違いを防止していますよ。

相手からは通常以下のように聞き返してきます。

楽KUN
How do you spell your name?
名前のスペルを確認したいのですが。

 

そして私の名前は「suzue」ですので、

S for Spain
U for Union
Z for Zebra
U for Union
E for England

もしくは、

S as in Spain
U as in Union
Z as in Zebra
U as in Union
E as in England

という具合に伝えます。これ以外にも案外いろいろな単語が使われていますが、まずはこの辺を押さえておいてください。

単語例は以下になります。

Alphabet と単語例
A:America / Adams
B:Brazil / Bob
C:China / Charlie
D:Denmark / David
E:England / Edward
F:France / Frank
G:Germany / George
H:Hong Kong / Henry
I:India / Isabel
J:Japan / Jack
K:Korea / King
L:London / Larry
M:Mexico / Mary
N:New York / Natalie
O:Oslo / Oscar
P:Paris / Peter
Q:Quebec / Queen
R:Rome / Robert
S:Spain / Sam
T:Tokyo / Tom
U:Union / Uncle
V:Victoria / Victor
W:Washington / William
X:X-ray
Y:Yellow
Z:Zebra

通話表(つうわひょう又はフォネティックコード)とは、無線電話で通信文の聞き間違いを防ぐために制定された規則である。(ウィキペディアより抜粋)

こんな関連記事もどうぞ:

髪切ったよ、って英語で「自分で切った」って言わないように!

2017.04.11


英語ブログをフォローする
follow us in feedly


こんな関連記事も読まれています