米国ドラマ「Suits」で、主人公のマイクとレイチェルが交わした2つの言い回し!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

日常会話で使えるちょっとした言い回しをご紹介する。

本日は、
「Wow.  You’re pretty.」
「Good.  You hit on me.  We can get it out of the way that I am not intereted」!

さあ、もうお気づきになったことだろう。この会話文は、昨日ご紹介した米国ドラマ「Suits」のシーズン1の第一話で出てくるものである。

晴れて弁護士事務所の仕事をせしめたマイクは、事務所で美人のレイチェルから案内を受ける、というシーン。ここでマイクが発した言葉に、きちっとけじめをつけるレイチェルです。

DVDやBD用の字幕と異なるかもしれないが、わたしが受けた印象で和訳をするのであしからず。

全体の意味をご説明する前に、この文中で使われている言い回しを解説する。

・hit on は、インフォーマルで、人に言い寄る、つきまとう、という意味がある。
・get something out of the way は、(何かを)取り去る、邪魔者(な何かを)を片づける、(何かを)取り払う、という意味がある。ニュアンスは、嫌なことはすぐに片づけて後に回さない、というものがある。

さあ、意味は:
マイク:「わー!かーわいいね」
レイチェル「そう、言い寄ったのね。興味のないものはすぐに片づけちゃうから」

Good は、ここでは、「そう、なるほど、上等じゃない」というニュアンスです。決して良いニュアンスでは使われていません。

また、it は、that I am not interetedの先行詞で、that I am not intereted(興味のない)でit を修飾している。

では、再度動画を添付する。タイムスタンプは1分21秒。ここに合わせて確認してみてほしい。