戦闘態勢に入れ、って映画で使われた懐かしい英語の言い回しですよ!

そうです、映画「プラダを着た悪魔 (The Devil Wears Prada)」で使われた言い回しです。

 

楽KUN
All right everyone, gird your loins!!!

編集長が予定より早く来ることが分かり、皆で慌てて準備を始めようとしているときにの「掛け声」ですね。

あーささん
gird [gэ’:(r)d] ~腰などを巻く、締める、剣などを着ける、よろいを身にまとう、などの意味があります。
loin [lo’in] 複数形で]腰とか腰部、という意味になります。
あーささん
guardは、敢えてカタカナで書けば「ガード」です。
girdは、「グード」にrの発音が混ざります。
あーささん
戦闘態勢に入れ!準備を整えろ!位置につけ!なんて言えるかもしれませんね!

覚えてますこのシーン!

[youtube id=”zBsuStPrcCc”]
gird your loinsは、かなり古い言葉で、ローマ時代に兵士がローブを腰に(loins) に巻きつけて (gird)、戦闘準備をしたことからきているようです。

他にもこんな熟語フレーズをどうぞ:

返事に躊躇していたら、アメリカの友人に英語でこんな風に言われました!

「it’s up to you」以外にも英語でこんな言い方ができますよ!



英語ブログをフォローする
follow us in feedly


こんな関連記事も読まれています