親友の死に負い目を感じ自分を責め続ける彼女に英語でこんな言葉を!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

PublicDomainPictures / Pixabay

Give yourself a chance to move on!

自分の攻め続ける彼女に、こんな言葉をかけてあげたらどうだろうか。

もう、こんなことつづけちゃだめだよ。
彼女の死で自分を責め続けるのやめないと。
いいからとにかくちょっと聴いてくれよ。
僕も同じ体験したから、
はっきり言って、今の君とまったく同じ気持ちだったんだ。
あんな形で友人を失うと、自分がしたことをくよくよ考えたり、ああすれば違ったんじゃないかとあれこれ考えたりするけど。
もうやめなきゃだめだよ。そんな重荷を背負わに方がいい。
忘れろとは言わない。
ただ、少しだけ自分自身を許して、前に進むチャンスを与えてあげなきゃ。

Hey daring, you can’t keep doing this.
You got to stop punishing yourself for her death.
Would you please just listen to me?
I promise you I’ve been exactly where you are right now.
When you lose somebody like that, you start second-guessing everything you did, and you start thinking about all the ways that could have been different.
You got to stop.
You do not want to carry that weight.
I’m not saying forget.
I’m just saying you got to forgive yourself a bit, and give yourself a chance to move on.

punish yourself ⇒ to make yourself feel guilty or bad for something you have done
I promise you ⇒ actually, certainly, clearly
do not want to ⇒ had better not to do

特に、助動詞 can と I promise you さらに do not want to の掴み方がポイントになる

このダイアログは、米国テレビドラマの「Hawaii Five-O」のシーズン4、エピソード6(悪魔の手)のものになる。但し、少し省略して、1つ修正をかけた。
ちなみに、タイムスタンプは3分33秒になる。