予想通りAIスピーカー各社が英語関連アプリと連携しています!

グーグルの「Google home」とアマゾンの「Amazon echo」が相次いで発表されました。

テレビなど既存のメディアでは、音楽やメールの送信などの機能の紹介が中心となっています。

しかし、ご存知の通りグーグルは自動翻訳開発の分野では、リーダー的存在なんですね。

こんな関連記事もどうぞ:

googleが発表したBluetoothイヤホンのPixel Budsとは?

2017.10.06

 

そして、

予想通り語学学習関連アプリ開発の会社と連携しました。

そのフェイスブック記事を添付します。

さらに、確認してみたところアマゾンechoも英語関連企業数社と提携したとのこと。

もう少し詳しい情報がこちらです。

 

ますます英語・英会話関連のツールが多様化しそうです。

 

最後に!

一読した限りでは、今のところリスニング関連のトレーニングが中心のようです。

今後はユーザーのアプトプットを促進して学習できるものが登場すればと期待しています。

 

AIがユーザーの英語教師になる日遠からず訪れるのではないでしょうか?!

アイキャッチ画像:androidlover

こんな関連記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

英語アドバイザー。役に立つ情報(英語)ブログ運営。学習院大学/サンフランシスコ州立大学卒業。アパレル企業代表取締役の元専任通訳・翻訳者。元IT系ベンチャー企業経営者。現大手個別指導塾英語講師。