Goorin Bros.というS.F.にある帽子屋、是非一度のぞいてみたい!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

頭のサイズがかなり大きいわたしにとっては、帽子の話題になると知らんぷりをしていた。当然、試着の際にサイズがないので何も楽しめないのがわかってるからだ。

でも海外ではかなり大きなサイズも展開している、と聞いている。気になる帽子屋のことについて、英語で書いてみた。

ポイントは、記事やサイトで自分の伝えたい言葉や文をみつけたら活用すること。自分のものとすること。

Goorin Bros. established in 1895 is the fourth-generation family-owned hat maker.
I heard that there was a time when neighborhood hat shops existed in every community as a gathering place like the barber shop.
Goorin Bros. is focused on bringing this personal level of genuine interaction back again.
I wanna visit sometime soon.

Goorin Bros.帽子店は、1895年に出来た4代目の家族経営の帽子店である。
地元の帽子屋が、地域のどのコミュニティーにも、地元の人が集まる場所として存在した時代があった。床屋がそうであったように。
Goorin Bros.帽子店は、今またそんな人と人との触れ合いを取り戻そうと打ち込んだいる。と聞いている。
近々訪問したいものだ。

英単語・英熟語:
・Goorin Bros. established in 1895のestablished in 1895は、分詞になります。1985年に設立された、と訳してGoorin Bros.を修飾している。
・a timeは、可算名詞で訳はまさに「時代」とできる。
・be focused onは、集中している、打ち込んでいる、という状態の継続を表している。
・on(前置詞)のあとは動名詞を持ってくる。

10734044_880321535346586_2666294830416546022_o

10700464_880321655346574_6085868492878777237_o

ダウンロード

San Francisco – North Beachは、こちらから:
San Francisco – Union Squareは、こちらから:

写真のクレジット:PERFECT 10 SF