たくさんの英語の挨拶を体と目と耳で覚えるのが動画のいいところ!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Ben_Kerckx / Pixabay

日本では、朝から晩まで英語漬けにするのはとても大変です。ですからコツコツと反復練習して身につけるしかありません。しかし、コツコツはつまらないものです。

そんな時には動画をみながら練習というのはどうでしょうか?ユーチューブでは、フレーズ送りや戻しを正確には出来ませんが、聴いたら発音、発音したらまた聴くの繰り返しでトライしてみてください。

そして、「なんとかなるかも」っと思っている日常の「あいさつ」にも、とてもたくさんの言い回しがあるので、是非以下の動画で感じて見て聞いて覚えてしまいましょう。

Hapa英会話のJunさんの動画を添付します。

雰囲気・スピード・リズムどれもとてもナチュラルでいい感じです!練習の重要ポイントは、上手い人から盗め、学べですよ!

ところで、Hapaの意味は以下の通りです:

『HAPA』とは?

混血のことをハーフやミックス(最近はダブルともいいますね)と日本ではよく表現されますが、ロサンゼルス(カリフォルニア州)では「HAPA」と呼ぶことも一般的です。HAPAは元々ハワイ語から由来した言葉で「半分」または「一部」を意味します。その名の通り「Hapa Eikaiwa」=「ハーフがお伝えする英会話」です!