hard な Brexit ってどういう意味でしょうか?

「hard Brexit」

最近メディアでは英国に関するこのカタカナが踊っています!「ハードブレグジット」(hard Brexit)

まずは「Brexit」のご説明から。

「Brexit」

発音は「ブクジットゥ」で(リ)にストレスがあります。

英語では、A term for the potential departure of the United Kingdom from the European Union.(Oxford Living Dictionariesより抜粋)

欧州連合からの英国の脱退予定という意味で使われる言葉ですね。基本 B は大文字で行きます。

あーささん
忘れてました。この2語からなる造語です。Britain と exit の。
例文:
楽KUN
May insists Brexit must happen on time.
メイ首相は英国の欧州連合からの脱退は時間通りに行われなければならない、と強調した。
渋KUN
The economist warned that Brexit would reduce the EU’s GDP.
経済学者は英国の欧州連合からの脱退はEUのGDPを減らすことになるだろうと警告した。
あーささん
日本語訳にすると長い。汗!
あーささん
注:この単語「Brexit」可算名詞として使われていますよ。
あーささん
追加の説明:「Brexit」可算名詞として使うと書きましたが、いろいろな使い方がなされています。何もつけない場合の捉え方は、この言葉が固有名詞で他に存在しないから冠詞をつけないということです。

 

さて、この「Brexit」の意味、つまり「英国の欧州連合からの脱退」が理解できましたら、形容詞のハードもしくはソフトをくっつけます。

hard Brexit
soft Brexit

厳しく完全にEUから離脱すること
離脱するがEUに少しは譲歩すること

とこんな解釈となりますかね。

どんどん新し英語が生まれています。しっかり覚えてきましょう!

追加情報です!

固有名詞は、読んで字の如く、
固有の名詞でただ1つの人または物につけられた名前です。
ですからtheをつけなくてもいいのです。

しかし、
調べていくとtheがついたりつかなかったりいろいろです。

固有の名前にもかかわらず、
その言葉がどこにでもあるものの場合にはtheをつけます。

代表例が:
the White House
こんな感じで決まるのです。

the Golden Gate Bridge

などなど。

では、Tokyo Stationは、どうかといいますと、
固有の物の名前のTokyoが付いているので、stationと組み合わされても
そのままtheなしでいいのです。

Harvard University
London Bridge
などなどです。

この2つのルールに従わないものがある。

地名の付いた新聞社:
Washington Postでいいのだが、The Washington Postとしている。
敢えてtheをつけてはっきりさせる、というのが目的です。



英語ブログをフォローする
follow us in feedly


こんな関連記事も読まれています