カテゴリーから探す!

話を付ける・徹底的に話し合う、と英語で言いたい時にはこれ!

「have it out with」

英語では、to talk to someone about something they have done that makes you angry, inorder to try to solve the problem:(Cambridge Dicitionaryより抜粋)

けりを付けなきゃいけないのよ、って言いたいときにはこの言い回しです。

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”rakukun.png” name=”楽KUN”]Why are you late for the party?
なんでパーティーに遅れるのよ?[/speech_bubble] [speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”shibukun1.png” name=”渋KUN”]I had to have it out with my dad.
パパと話しつけなきゃいけなかったのよ。[/speech_bubble]

この it は、話し合う内容で、しっかり out して、相手と with して話し合う、という感じになりますかね。解決策を探すニュアンスがあります。

この言い回しに似たものとのとして、

have it in for では、目の敵にする、という意味になり、
have it out of では、相手を執拗に非難する、になります。

英語の同意語に quarrel があります。口論する、喧嘩するという意味です。しかしこれには解決策を探すの感覚はありませんね。

こんな関連記事もどうぞ:

関連記事のIDを正しく入力してください