水嶋ヒロさんも出演NYが舞台のアメリカ超人気ドラマ「Girls」の日本ロケが凄い!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ニューヨークで生活する4人の悩める20代の女性を描いた、今アメリカで超人気のドラマ「Girls」!のシーズン5が始まったそうです。

今回はなんと東京ロケがありました。4人の主人公の一人が仕事で東京に住むという設定。このロケでのこだわりが今までの物とかなり違うと評判。

無題

日本を舞台にした映像を見ると、どうしても予算の都合なんでしょうか、いかにも詳しく調べてません的ななんとも陳腐なものが多かった中、徹底的にこだわってロケしたようです。

さらに、俳優陣もアジア系の無名俳優を使わずに、しっかり日本の有名俳優、今回は水嶋ヒロさん(この方は英語うまいです)に依頼したみたいですよ。

主人公たちの紹介:

ハンナ:レナ・ダナム:
出版社で無給のインターンを続けていた矢先、両親から仕送りを止められたため、上司に昇給を求めた結果、インターンを解雇された。様々な仕事に就いたのち、レイが店長を務めるカフェでアルバイトをすることになった。悲観的だが、自分に甘い。また、強迫性障害を抱えており、8回繰り返さないと気が済まなくなる発作が起きる。

マーニー:アリソン・ウィリアムズ:
ハンナのルームメイトで、大学時代からの友人。ハンナの家賃も肩代わりしている。アートギャラリーに勤務しているが、第2シーズンで解雇される。真面目だが、他者の失敗や欠点には容赦しない。

ジェッサ:ジェマイマ・カーク:
ハンナとマーニーの大学時代からの友人。世界を放浪して帰ってきた後は、ショシャンナと同居。様々な職に就いているが、将来の目標を定めておらず、自分がモテることに存在意義を見出している。シーズン3序盤では薬物更生施設に入れられていた。

ショシャンナ:ゾーシャ・マメット:
ジェッサのいとこ。奔放なジェッサとは対照的に純朴で内気な人物。『SEX AND THE CITY』にいれこみ、恋愛に関する本から得た知識は豊富だが、恋愛の実践には消極的で男性経験はない。
ウィキペディアより抜粋

この動画で語っている方レナ・ダナムさんは、実はドラマの脚本も書いているんですね。物語の大部分は、レナ・ダナムの実体験がベースになっているそうですよ。

ちなみに、水嶋さんのことを、日本で超有名は俳優で、アメリカで言えば、イギリス俳優のロバート・パティンソン(トワイライト・サーガ)に例えてましたよ。

ショシャンナの東京での仕事が始まる!

ep45-ss05-1920 ep45-ss06-1920 ep45-ss07-1920 ep45-ss08-1920 ep47-ss01-1920 ep47-ss02-1920

思いっきり英語に浸ってみるのはどうでしょうか?

詳しくはこちらのHPでチェックしてください:
http://www.hbo.com/girls/episodes/5/45-japan/index.html

さらに、「ニューヨークの遊び方」さんが詳しく写真付きで紹介されてます。
http://nyliberty.exblog.jp/25685220/

水嶋ヒロさん関連記事は:
http://eigo-jouhou.com/japanese-who-are-able-to-speak-english/#i-4

アイキャッチ画像記事内画像:THE BOSTON EGOTIST