どうしたら英語が話せるようになるのでしょうか?お答えします!

書く英語が喋る英語です!あなたはどんな英語が書けますか?書くトレーニングについて!

もうそろそろ「実践で使える英語」を目標にしませんか!

1.実践英語とは?

実践で使える英語とは?

受験合格のための学習
検定試験突破のための学習

これみな目標です、文句を申し上げるつもりはございません。

でもその達成した成果は、実際に英語使うというゴールに繋がっていますか?

関連記事のIDを正しく入力してください

2.書く訓練とは?

それなので、是非ライティング(書く)のトレーニングを始めましょう!

実は書くはそれほど難しくないのです。このフォーマットに沿って考えれば。

もう一度この記事をアップいたします。

関連記事のIDを正しく入力してください

3.フォーマットの奇跡!

2.エッセイのルール!

本題にも戻りましょう。英作文にもルールがあるのですよ。それは「エッセイ」のルールなのです。

骨格は以下の通り:

1.自分の意見
2.理由①
3.理由②
4.理由③
5.再度自分の意見

いつもこのように生徒たちに説明しているのです。特に中学生の生徒には、北辰テストで最後の5問目に5行以上書く英作文があるので。

この枠があると、案外と簡単にイメージすることができますよ。イメージする際には、「とにかく簡単でわかり易い短い文」を心がけるようにと何度も念を押しています。

さあ、簡単な文を作ってみましょう。簡単な短い身近な話題でいいのですよ。

4.まとめ!

インプットの時代からアウトプットの時代へ!

もう、穴埋めやパズルを解くような英語学習から卒業しましょう。

こんな関連記事もどうぞ:

関連記事のIDを正しく入力してください