「SW7」は全6作品を超え新しい世代のファンを間違いなく掴むを英語で書く!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Star-Wars-Force-Awakens-Rey-Finn-BB8-running

身の回りのこと英語で書いてみる。

スターウォーズの最新作「The Force Awakens」を見て感じた事。

Synopsis:
Luke Skywalker tries to restore the Jedi Order while Leia and Han Solo work with the New Republic against the “First Order” and a new potential threat.

概要:
ルーク・スカイウォーカーは、ジェダイオーダーの再建に取り組む、一方レイアとハン・ソロは、ファーストオーダーや新たな脅威と戦う新共和国軍と活動を共にする。

Review on Star Wars 7

Creating a movie for both old and new audiences must be a tough thing to pull off.  Actually it was attempted once before some 16 years ago, and “The Phantom Menace” failed incredibly.
・・・・・
Do I like this movie “The Force Awakens”? My answer is “yes.”
When I watched it, I was seeing it with the anticipation and anxiety of a lifelong fan, with the memory of watching “Return of the Jedi” for the first time at the theater.
I am sure that the original trilogy means so much to people who grew up with it.
And this is how they played the role for us:
Then this is exactly how this new movie can play that role for a new generation:
It goes something like this;
・you are just a boy
・suddenly transferred to a galaxy
・meeting an ambitious boy
・introduced to a mentor
・travelling with robots
・fighting against bad guys with helmets
・and unknown creatures and spaceships
That is the Star Wars we fell in love with in 1977.
“The Force Awakens” is not just a vehicle for nostalgia, and it sure does get the force going forward.

スターウォーズ7のレビュー:
新旧両方のファンを引き付ける映画を創るのは並み大抵のことではない。16年ぐらい前に一度試みられたことがあった。スターウォーズThe Phantom Menaceだが、大きな失敗に終わった。
・・・・・
わたしが、この映画「The Force Awakens」が好きかと聞かれれば、答えは「ハイ」である。
はじめて映画館でスターウォーズ4を見た時の記憶とともに、長年のファンとしての期待と不安で「The Force Awaken」を見ていたのだ。
間違いなくオリジナル3作品は、その映画を見て育った者にとってはとても大きな意味を持つもの。
どのようにこの3作品が、我々を惹きつけたかは、以下の通り:
そしてまさに、どのようにこの新しい映画が、新しい世代を惹きつけるか、ということ:
・まだ少年の君は
・突然銀河に転送される
・そして夢をもつ少年と出会い
・またメンターにも紹介される
・ロボットともに旅をし
・ヘルメットの悪者を戦う
・見知らぬ生物や宇宙船とともに
これがわたしたちが、1977年に首ったけになったスターウォーズなのだ。

The Force Awakensは、単なる懐かしさを運ぶ映画ではない、まちがいなくフォースをつぎの世代を運んでいくものだ。

写真のクレジット:SCREENRANT