知的な英語、ナチュラルな英語、最新の英語にアップデートする方法とは!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

以下のキャッチが気になったので購入してみた。

「会話力が10倍高まる50のテクニック」

本日は、「中学英語を一瞬にしてネイティブ英語に変える方法」と言う本をご紹介する。

ロス・パーディ氏と伊東明氏の共著になる書籍。
その特徴は:1セット4ページの構成となっている点!
(書籍より抜粋)

1ページ目:大人は「遊ぶ」を”play”とは言わない
2ページ目:”hang out”や”spend time”が大人の言い方
3ページ目:EXPLANATION(解説)
4ページ目:ALTERNATIVES(こんな表現も使ってみよう!)

IMG_1302

IMG_1304

このページ構成で50のポイントを説明。らしくない例文と修正をかけた例文、何故なのかの理由と良い選択肢となっている。わたし達が求めている、「どうして、じゃなにがいいのか」が簡潔に説明されているところが赤丸である。ロス・パーディ氏の経歴の中に、英語講師を選定してトレーニングする「teacher trainer」であるところが頼もしい。敢えてなぜ頼もしいかはここでは解説しない。

この書籍のターゲットはと言えば、中級層にまで食い込めると感じている。
初級者:注意すべき50をあらかじめ押える!
中級者:3、4ページをしっかり覚えて活用する!

さて、この種類の「英語らしい英語」を解説した書籍で忘れて話ならないのが、明治大学政治経済学部教授のマーク・ピーターセン教授の書籍である。

「実践 日本人の英語」

1988年に「日本人の英語」が出版され、その後この実践となったわけだが、もう27年以上も前に、私たちが間違いやすいポイントを指摘し、どのように修正をかけたらよいか、さらにどうしてそのようにするべきなのかを、割と厳しく指摘をしている。
ちなみに、このマーク・ピーターセン教授以前の記事でご紹介した、「徹底例解ロイヤル英文法」の共著者の一人であり、英文校閲を担当している方である。
参照記事:「単語の辞書があるように、英文法の辞書もある!英文法のマストバイ辞書はコレ!」

この書籍のエッセンスを取り入れ、されに読みやすくしたというのが、今回の書籍の印象だ。

中学英語を一瞬でネイティブ英語に変える法―――会話力が10倍高まる50のテクニック
ロス・パーディ 伊東 明
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 34,411
実践 日本人の英語 (岩波新書)
マーク・ピーターセン
岩波書店
売り上げランキング: 9,540