英熟語やフレーズとの付き合い方、学び方について!

わたしも留学当初、英語学校で熟語のテキストを使って学習をしました。

しかし、その使い方は単に熟語を覚えるというよりも、そのテキストを活用して、読む・書くをしっかりトレーニングするものでした。

難しい単語を簡単な熟語表に切り替える!

私たちは長い間単語を覚え、読解をこなしてきました。

取り組んできた英文には、多くの長い難しい単語が使われていました。対話文問題であっても熟語やフレーズが頻繁に出てくることはありません。

それ故に、私たちの記憶の多くは、単一の英単語で構成されているのです。

例えば;

posthone ⇒ put off
accomplish ⇒ carry out
trust ⇒ count on
remove ⇒ take off

この後ろの熟語がなかなか出てきません。

ですから、発信もぎこちなく、もちろん聴き取りもままなりません。

特に米国人の日常会話の80%は熟語が使われているということを考慮すると、英会話において熟語が重要であることがうかがえます。

しかし、大事なことは、どの熟語をまず先に学ぶべきなのかということです。

テキストによっては、口語(往々にしてい俗語なのですが)中心のものが市場にはあふれています。

「すぐに使える、学校では教えてくれない」というキャッチフレーズで誘惑してきます。

知っておくことは大変重要ですが、まずは基礎からということを覚えておいてください。

 

では、

読む・書くをトレーニングする熟語とはどんなものか、と言いますと。

以下のようなものが挙げられます。

熟語で読む・書くのトレーニングを実施する!

had better: should, ought to, be advisable to
This idiom is most often used in contracted form (I’d better)
●I think you’d better speak to Mr.White right away about this matter.
●The doctor told the patient that he’d better go home and rest.

IMG_1307

まず、最初に熟語、そしてその意味が書かれている。この熟語はとても多くは短縮形で使われる、と記載されている。
さあ、とても簡単な熟語と説明なのだが、これを使った練習を説明しよう。それは、ぱっと読んで軽く見て、覚える。

その時のポイントは:
・英語を文頭から見る、読む
・辞書は使わない
・状況をイメージする
そして、
・ノートに単語を2つ3つ書く
で終了。

上記で説明したように授業が終わってからでも、自習後でも、さらに翌日でもいいのだが、その単語を見て例文を書き出すというものだ。いかがだろうか?

熟語を覚えながら発話することを忘れずに!

もう何度もふれてきましたので、ここでは過去記事のご紹介だけにいたします。

中学英語でどんどん話す!が出来るようになるトレーニング方法です!

2017.01.12

記事では、入門書(青い表紙)を中心に説明していますが、基本は同じですので、緑・白・赤とあなたにあったレベルをみつけてトレーニングしてください。

重要ポイント!

第1ステージ:

中学英語の範囲内で平易な文が文型別に確実にスムーズに作れるようにする。
単語・表現に難しいものが一切無いばからしい程容易な文例集を使用。

第2ステージ:

中学英語の文型の瞬間的な引き出し、結合が自由にできるようにする。
反射的に英文を作る回路の設置完了。
例文が、文法・文型別に並んでいないパターンシャフルされたもの、あるいは文型が結合された文例集を使用。

第3ステージ:

さまざまな文型・構文・表現を駆使できるようにする。
第2ステージ終了までに獲得した回路を利用し、中学英語の枠を越えたさまざまな文例集・構文集を用い、あらゆる構文、文型、表現を習得していく。

まとめ!

よく知っている簡単な単語で構成されている熟語やフレーズは大変重宝します。

まずはこの書籍で基礎を抑えてください。

トレーニング方法の一例は:

熟語の例文など短い文章を活用して文の中の3語から4語をしっかり思えていく。スペルミスなどは気にすることなく、その単語やら熟語を書き出したら終了とする。

ある程度の時間の経過後、少ししてからでもかまわないがその書き出した単語や熟語を見て、例文やショートストーリーを書き出すといういうものである。これがライティングの取り組み方です。

この方法で実施すると、状景や状況を思い出すことからはじまり、書き出した単語や熟語(勿論英語)を思い出しながら、日本語抜きで進めることが出来るわけだ。

下記でご紹介している書籍を使った方法を簡単に解説する。

to put on: to place on oneself (usually said of clothes) (S)*
●Mary put on her coat and left the room.
●Put your hat on before you leave the house

*The symbol (S) indicates that an idiom is separable – that a noun or noun phrase
may be placed between the verb and the special preposition (called a particle).
In these cases, examples of both separable and inseparable forms are given.

まず、最初に熟語、そしてその意味が書かれている。そして、(S)の意味は下に書かれている。ちなみに、動詞と前置詞の間に名詞や名詞句をいれられるものを(S)としている。(S)の場合は、両方の例文がありますよ。ということだ。

さあ、とても簡単な熟語と説明なのだが、これを使った練習を説明しよう。それは、ぱっと読んで軽く見て、覚える。

その時のポイントは:
・英語を文頭から見るそして読む
・辞書は使わない
・状況をイメージする
・ノートに単語を3つ4つ書く
で終了とする。

現在も参考にしているこの書籍を活用して欲しい。

ESSENTIAL IDIOMS IN ENGLISH (N/E)

ESSENTIAL IDIOMS IN ENGLISH (N/E)

posted with amazlet at 17.01.29
Robert J. Dixson
Pearson Japan
売り上げランキング: 23,076

あなたの目標は600熟語/3ヶ月として欲しい。

600熟語 ÷ 90日 = 約7塾語/1日
暗記を7塾語 ⇒ 約30分、書出しを7塾語 ⇒ 約30分 合計60分

あなたは何時間? ⇒ 1.0時間/1日したがって7.0時間/1週

詳しくはこちらの記事をご参照くださいね。

英会話教室に通わないで英会話上級者になる勉強法を全公開する!

2016.12.28

アイキャッチ画像:SFSU



こんな関連記事も読まれています