自己顕示欲強い語学学習指導者との付き合い方!避け方!

米国大学卒業と滞在5年。企業通訳と翻訳専任10年。英語家庭教師の経験10数年、英語個別指導塾講師経験8年。

英語に携わること33年。

現場で明確に結果を求められる環境に身を置いてみると、現在の英語環境がいかに軽薄であるか見えてくる。

どこから来たのかわからない外国人英語講師。
英語圏滞在というだけでメリットを振りかざす英語ブロガー。

週一でなんとかなると思うラーナーの読みの甘さ。
英語圏コンプレックスがまかり通る環境。

 

この需要と供給のアンバランスが異常なまでの英語協奏曲を奏でている、と感じている今日この頃。

 

情報過多がなせる業なのか、本当に必要な情報を選別出来ずにもがいているようにしか見えない。もしくはそれを真剣に考えないのか。

 

も少し時間をとって、もう少し考えて、もう少し疑ってみてはどうだろうか?

 

私の経験から、いろいろなメディアに属していない、いろいろなメディアに顔を出さない「人」が実はすごいと感じている。

 

露出していない優秀な人から「学ぶ」、そんな人を「見つける」。

 

そしてわたしも「自己顕示欲」に惑わされないようにしたいと思っている。



英語ブログをフォローする
follow us in feedly


こんな関連記事も読まれています