英文法学習飽きた、続かない、そんな時の対処法とお役立ち英語関連書籍!

会話力上達の鍵になる形容詞をフル活用する6つのポイントをご説明!

picrelated.com

形容詞とは、文字通り形容する言葉。

物事の姿や性質やありさまなどを言い表すことができるのです。

また、他のものにたとえて表現することも可能です。

この形容詞の形とその働き方を押さえると、英語の感じ方が変わってくることをお伝えしたいと思います。

英語を感じる、が会話力にとってとても重要なキーワードになります。

では早速ご説明いたします。

形容詞のいろいろな形!

1.定番の形容詞!

high(高い)
old(古い)
good(良い)
possible(可能な)
available(入手できる)
beautiful(美しい)
などなど。

2.過去分詞の形容詞!

excited(興奮した)
tired(疲れた)
surprised(驚いた)
broken(壊れた)
stolen(盗まれた)
などなど。

3.現在分詞の形容詞。

embarassing(当惑させるような、困った)
surprising(驚かされるような、 驚くべき)
exciting(わくわくさせられるような、わくわくする)
interesting( 興味を起こさせるような、面白い)
などなど。

ポイント1:形に惑わされないこと!

参考までに:

ed(過去分詞の形)は人に、
ing(現在分詞の形)は物に、

と覚えておいてください。

例文:

I was excited to see the game.
私はその試合をみて興奮した。

The game was really exciting.
その試合はとてもわくわくした。

 

でも、例外があるのです。こちらの記事でご確認ください。

I’m not interesting、って英語どんな意味かわかりますか?

 

もう、

ご存知のとおり上記の1~3まで全て形容詞なんですよ。

1.は見慣れているので無意識に形容詞と感じるでしょう。しかし、

2.は過去分詞という用語が邪魔をしているに違いないありません。さらに、

3.も同様に進行形もしくは現在分詞になっています。

でも全部形容詞です。

形容詞にはこんな形をしているものがあると覚えておくように。

ポイント2:名詞の前後について働く!

名詞の前後に付いて働くのである。重要な点は、後ろにもついて働く、ということ。

名詞の前につけて限定する:

good manners(良いマナー)
a beautiful flower(美しい花)
a broken watch(壊れた腕時計))
a surprising guest(おどろかせるようなゲスト)
my stolen money(私の盗まれたお金)

ここからが「目から鱗」!

名詞の後につけて説明(修飾)する:

something exciting⇒I want something exciting.
僕は何かわくわくするものがほしい。

150 meters high⇒The building is 150 meters high.
その建物は150メートルの高さがある。

17 years old⇒He is 17 years old.
彼は17才です。

no seats available⇒There are no seats available.
空いている席はありません。

everything possible⇒I did everything possible.
私は可能ことは全てしました。

別に驚くことはありません。

名詞の前後について働くのは形容詞だけではないのです。

名詞も名詞の前後について形容詞としての働きをします。

ポイント3:名詞も形容詞となること!

child abuse(児童虐待)
wrist watch(腕時計)
cat food(猫の餌)
customer satisfaction(顧客満足
などなど。

見渡すといろいろ出てきます。

ポイント4:複合形容詞!

言葉は生きもの。時代時代にたくさんの形容詞が生まれています。

前につける面白い複合形容詞をご紹介しましょう。

black-and-white television
白黒テレビ

one of my I-was-there pictures.
私の記念写真(そこに行って来ました)の1枚。

your I-know-better-than-you attitude.
君の”お前よりよく知ってるよ”的態度。

a five-year-old nephew
5才の甥っ子。

once-in-a-lifetime opportunity
1生に1度のチャンス。

ポイント5:限定用法と叙述用法!

文法用語になりますが、確認しておいてください。

形容詞が名詞を修飾する用法を限定用法といいます。
I need a black tie.

形容詞が補語として用いられる用法を叙述用法といいます。
All the windows are open.

◆限定用法でしか使われない形容詞:
only
very
former
mere
main
などなど。

◆叙述用法でしか使われない形容詞:
alive
asleep
aware
glad
awake
などなど。

◆限定用法と叙述用法で意味の変わるもの:

late
My late husband was a doctor.
亡くなった夫は医者でした。

I was late for school.
私は学校に遅れた。

present
This is the present problem.
これが当面の問題です。

All the students were present.
全ての学生は出席していた。

ポイント6:人を主語にする形容詞!できない形容詞!

人を主語にする
・happy
・able
・sorry
・glad

人を主語にできない(itを使う)
・convenient
・necessary
・essential
・possible
・probable

両方つかえるもの
・lucky
・likely
・certain

まとめ!

私は英語学習者の方々に言う口癖があります。

それは、「英語はぺたぺたと足す言語」であると。

ぺたぺた”を感じていただけましたでしょうか?

文法の重要ポイントについて以下の記事も参照ください。

参考記事:「どうしてつけるの?なぜつけないの?冠詞theの悩みを解消!」
参考記事:「厄介な名詞の単数と複数ルールが簡単にわかる総まとめ!」
参考記事:「はっきりしてる・ぼやっとしてるで加算不加算が決まる!」

写真のクレジット:FUN ALIVE