よく出てくる英語のget!後ろに分詞や副詞や形容詞がつく色々を整理してみた!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

本日は特に、「get」の後ろに、to不定詞や分詞また形容詞や副詞などがつくものを一覧にして、解説と例文を加え整理したのでご覧いただければと思う。

get の例文が60も記載された、よくまとまった記事があったので添付しておく。
参照記事:「例文で覚えたい“get”の使い方まとめ60選」

getの使い方まとめ!

1.get に目的語+to不定詞の使い方!

意味は:「人に~させる」ということ。
例文:
I will get my wife to pick me up at the station.
家内に駅にわたしを迎えに来させる。

I got my parents to mind my dog while I was away.
いない間犬の世話を両親にさせた。
(世話をするように両親に頼んだ)←日本語らしい。

使役動詞に関する関連記事:「生でも使って恥をかく、学習も繰返し手を抜かない!英語学習にマジックはない!」

※使役動詞は目的語の後は原形不定詞(つまりtoはつけない)なので気を付けること。

2.get に目的語+現在分詞の使い方!

1.get someone going

意味は:「人にやる気を起こさせる、~わくわくさせる」ということ。
例文:
Once you get him going, he can talk for hours.
一度君が彼を、何時間もはなすよ。

※イギリス英語だと、口語でどうやら性的に興奮させるという意味も含むようだ。

2.get something ~ing

意味は:「モノを~させる、~させておく」ということ。
例文:
He got the machine working.
彼は機会を動かした。

例文:
The engineer got the car running again.
エンジニアは車を再び作動させた。

3.get に目的語+過去分詞の使い方!

意味は:「モノを~してもらう、~される」ということ。
例文:
I got my hair cut.
髪の毛を切ったもらった。

I got my wallet stolen last night.
昨日の晩財布を盗まれた。

I got my finger caught in the door.
ドアに指をはさまれた。

※上記はすべてhaveに置き換え可能。ただし、偶然や不注意などはgetを使うことが多い。

4.get に過去分詞だけの使い方!

1.get lost

意味は:「道に迷う」ということ。
例文:
We got lost in the woods.
私たちは森で

2.get lost in

意味は:「例文:
I got completely lost in the game.
昨日僕はゲームに完全に

3.get started(get something started)

意味は:「し始める例文:
I want to get started on this right away.

※let’s startより頻繁につかわれる。
※何かから始めよう、言いたいときには、let’s start with~がある。
get something startedでも、意味はsomethingを始めるということになる。

4.get done(get something done)

意味は:「済ませる、し終える例文:
Get everything done before the evening

5.get married(to)

意味は:「(と)結婚する」ということ。
例文:
We’re getting married next month.
私たちは来月結婚します。

5.get に副詞だけの使い方!

1.get ahead

意味は:「成功する、出世する例文:
If you want to get ahead, you must work harder.
のなら、もっと一生懸命働かなければね。

2.get nowhere

意味は:「成果がない、らちがあかない例文:
We talked a lot but got nowhere about what to do.
「多くを話し合ったが、なにをなすべきかについて

3.get together

意味は:「集まる、集合する例文:
Let’s get together at six.
6時に

6.get に形容詞だけの使い方!

1.get dark

意味は:「暗くなる例文:
It’s getting dark.
暗くなってきた。

2.get hurt

意味は:「けがをする例文:
I didn’t want any of them to get hurt.
彼らのだれもけがをしてほしくなかった。

3.get ready

意味は:「用意をする、準備のできた状態にする例文:
You had better get ready.
準備したほうがいい。

4.get better

意味は:「うまくなる、体調が良くなる例文:
I hope you will get better soon.
早くよくなってね。

7.get に現在分詞だけの使い方!

1.get going

意味は:「スタートする、出発する例文:
We’d better get going before dark.
暗くなる前に方がいい。

8.get の付いた熟語の使い方!

1.get in touch with ~

意味は:「~と連絡を取る、~と接触する例文:
We’ve been trying to get in touch with you.
ずっと君と

2.get on one’s nerves

意味は:「人の神経に障る、人をいらいらさせる例文:
Turn down the volume. The music is getting on my nerves.
ボリュームを下げて。その音楽は

など等。

9.まとめ!

get」には、動作を始めるという感じが加わる。会話ではよく出てくる用法。ただし、書き言葉としてはくだけた印象が強いので注意が必要だ。

「be動詞」や一般動詞「have」と比べて、getには「動」の感じがないだろうか。
まさに起こり始めている、動いているニュアンスがつかめればわかり易いと思う。

こんな関連記事もどうぞ: