英単語「need」を助動詞の使い方まとめましたよ!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Needは助動詞もあるって覚えてます?

文章を読んでいて、単語のneedの後にまたすぐbe動詞や動詞の原形がくる、なんてことに出くわしたことないですか?

そう、これは動詞の need ではなく「助動詞」の need だからです。

そこで、
本日はこの need のカラクリをしっかり押さえてしまいましょう。

1.助動詞needの重要ポイント!

助動詞「need」(~する必要がある)の重要ポイントを整理します。

知らなかった方はぜひここで押えてくださいね。この注意ポイント2点!

注1.否定文と疑問文としてのみ使用可!
注2.現在形しかない!←超重要

2.現在の否定ついて言うとき!

例文:
You need not be hurry.(= You don’t have to hurry.)
君は急ぐ必要はないよ。
You need not speak so loud.(= You don’t have to speak so loud.)
そんなに大きな声で話す必要はない。

※You don’t have to hurry. は主に米国で使われる。
※You don’t need to hurry. は主に英国で使われる。

また、
hardly などの否定の意味を持つ単語と組み合わせることも可能。

例文:
It need hardly be said that the health is the most important thing.
健康はとても重要なものであると言うことは言うまでもない。

3.need notとdon’t need to の違い!

例文:

You need not tell it to him.
彼にそれを言う必要はない。(彼が知っているかどうかはわからないが)

You don’t need to tell it to him.
彼にそれを言う必要はない。(彼はもうそのことは知っているので)

英国において、
助動詞として使う場合には、話し手の主観的指示がある。
本動詞として使う場合には、現実の客観的叙述になる。
と言われている。難しい!悩!

4.現在の疑問について言うとき!

Need + S(主語)+ 原形~? (~する必要がありますか?)の形

例文:
Need I come here tomorrow ?
明日ここに来る必要がありますか?

Yes, you must.
はいあります。

No , you need not.
いいえありません。

5.過去の否定ついて言うとき!

例文:

My husband told me that I need not wait up.
主人は私に起きて待っていなくていいといった。

注:上記のように時制の一致をさせる必要がありますが、need はそのままにして過去として使うことが出来ます。

6.一般的に過去の否定ついて言うとき!

2種類の形を使って表現することが出来る。

1.didn’t need to ~ と didn’t have to ~

~する必要がなかった、ということだが、したかどうかは文脈によります。

例文:

You didn’t need to (have to) get up early.
早く起きる必要がなかった。(早く起きたかどうかわからない)

2.need not have + 過去分詞

~する必要がなかった、のにした、と言う意味を表す。

You need not have gotten up early.
早く起きる必要がなかった。(のに起きた)

いかがでしたか?

7.まとめ!

こんな関連記事もどうぞ: