友達に、なんでもするから頼むよ、って英語でお願いするときには!

「I’ll do whatever it takes」

英語ですと、willing to do anything which may be extreme, that is required to achieve an objective. (Wiktionaryより抜粋)

「目的を達成するために極端なことを頼まれてもやりますよ、なんでもする」と言う意味になります。また、頼みきいてくれるなら、と言う気持ちが言外にありますよ。

渋KUN
I’ll do whatever it takes.
頼むよ、なんでもするから。
楽KUN
Well, let me sleep on it.
ん、考えとくは。

 

※whatever は、関係詞 what に ever が付いた複合関係詞になります。これには先行詞が含まれています。

※it takes には、「〜をするのはこれだけの時間や労力が必要」という意味があります。それなので、what it takes で「かけなければならないもの(時間・労力)」となるのです。そして、whatever it takes で「かけなければならないもの(時間・労力)ならなんでも」となるのです。

※sleep on は、~をひと晩寝て考える、と言う意味になります。楽KUNは、渋KUNの頼みをききたくなかったのでしょう。

目的を達成するためなら手段を選ばず、と英語でいうときはこの言い回し!

2017.06.29


こんな関連記事も読まれています