「around」を使った熟語(口語)をいろいろご紹介しようと思います!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

jarmoluk / Pixabay

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

学校で習う英語と全然違うよ!
文法なんていらないよ!
どうして教えてくれないんだ!

こんな声をよく耳にします。

いいじゃないですか、今から全部覚えてしまいましょう。教育制度に文句を言っても、いつまでたっても改革してもらえません

そんなこと期待していたら年を取ってしまいますよ。

どんどん「自分で学習する」がネット時代の防衛手段です!

本日は「around」を使った熟語をアップしたいと思います。

「stick around」

あーささん
ライブハウスでアーティストが休憩に入る前に、この言い回しを使いますよ。
あーささん
どこにも行かないで、しばらく時間をつぶしてね!という意味になりますよ。

楽KUN
We’ll take a short break.  Stick around.

なんて訳しましょうか?でも「感じ」掴めますよね。

日本のライブの時には、どんな表現をつかうのでしょうか?もしご存知の方がいらしたら教えてください。

渋KUN
Why don’t we stick around until they show up?
彼ら来るまでしばらく待ちましょう!
あーささん
Why don’t weは、なつかしいです。これ中2で習いますよ。~しましょう!という意味です。

「hang around」

あーささん
ぶらぶらする、時間を無駄にする、なんていう意味です。
渋KUN
I think I’ll hang around here for a while.
ちょっとだけここで時間つぶそうかな。

「mess around」

あーささん
ぶらぶらする、なんていう意味です。hang aroundとほとんど同じですかね。
渋KUN
Stop messing around and get busy.
ぶらぶらしないで仕事しろよ。
渋KUN
He spends all day messing around.
奴なにもしないで一日中ぶらぶらしてるよ。

あーささん
get busyは、直訳では忙しくする、なりますが。仕事しろ、仕事に取り掛かれ、というニュアンスですね。

「fool around」

あーささん
これも上記の2つと似ています。時間を無駄にする、目的もなくぶらぶらする、という感じです。但し、もう一つ女子といちゃいちゃ(それもかなり)するの意味もありますよ。

「fxxk around」

そして、ここまで来れば、意味も感じ取れますよね。仲間同士で普通使いもできますが、下ネタ系、下品でやんちゃな感じで使えます。

こんな関連記事もどうぞ: