ピッタリ止まるが出来る優れものアプリ「Speater」で英会話訓練!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

pr_source

繰返し聴かないといけない!
何度でも文頭に戻りたい!
一回の操作で済ませたい!

それなら、簡単操作アプリSpeaterで英会話トレーニング!

1.Speater

0011

2.Speater操作画面!

無題

3.操作画面の概要!

1.上段が波形画面
縦の青い棒が移動して経過を表示する
・濃い紫色の波形部分が再生中の波形
・白い部分が区切り
・薄い紫色の波形部分が次の波形

2.中断がボタン画面
・上段ボタン画面は、波形ごとのコントロールボタン
・下段ボタン画面は、曲全体のコントロールボタン

3.下の操作ボタンなど
・1X は、スピードコントロールボタン
クリックして別画面にて詳細に操作可能。

・上下2つの矢印は、曲のリピートボタン。ミュージックの操作と同様になる。

・次は、ボリュームスライダー。

・星印は、ブックマーク保存などの設定画面。

4.右サイドにある太い上向き矢印と右向き矢印
・太い上向き矢印は、波形画面の縮小拡大消去ができる。
・太い右向き矢印は、中断ボタン画面の表示を、波形ごとのコントロールボタンのみにできる。

4.操作外面をもう少し詳しく!

無題

1.左の矢印ボタン

このボタンをオンにすれば、規定の波形間でリピートされる。
左のボタンで一つ前の波形まで戻り、右のボタンで一つ先の波形まで進む。

2.右のAB付き矢印ボタン

一度押すとAがオンになる。もう一度押すとBがオンになる。
このボタンで自分の好きなスタートポイントとエンドポイントを設定できる。

※波形画面の上側にブックマークが出てくるので確認してほしい。

これで、オリジナルの波形間ができあがる。
自分の苦手発音のところや
縮小短縮の多い発音のところを
集中してトレーニングすることができる。

便利だ。

5.Jobsのスピーチで訓練!

準備:
1.iTunesで無料ポッドキャストをダウンロード
Macworld 2007 Apple Keynote Address

2.European Rhetoricというサイトでスクリプトを参照
Transcript of the iPhone Keynote by Steve Jobs(MacWorld 2007)

※このサイトで使用している「Macworld 2007 Apple Keynote Address」のスクリプトは、卒業論文作成のために、掲載の許可を得てアップしているもの、と記載されている。

IMG_1226

1.波形表示にはタイムスタンプがあり、経過時間が表示されている。スピーチの英語を確認したい場合は、この時間を覚えておく。
2.スクリプトにもタイムスタンプがあるので、覚えた時間を見つければ該当する場所にたどり着ける。

6.まとめ!

どんなに素晴らしいアプリに巡り合っても、続けなければ意味がない。

継続ですよ、継続!