突然英語で訊かれても大丈夫、いざとなればこの本出して説明すればいい!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_1269

平日でも街に出れば多くの外国人観光客に遭遇する。よけて歩く必要があるぐらいの人数だ。こんなところまでいるのか、と言うぐらい様々な場所に出没してくる。

そんな折、
たずねられて一番困るのは、自分の国の文化や風習に関してしっかり知識がない部分に突っ込まれた時だ。

Ooops, you got me! 「ごめん、わかりません」

これでは恥ずかしい。なので、一応いろいろ準備しておくことにしている!

何もみないで、何もきにせず、ガンガン説明できればそれに越したことはない。

11045381_943992658979473_754496463355961621_o

というか、皆意識しずぎ。そんなことできる人はそんなにいない。だから自分流のやり方を持てばいい。

ある人は、ネットで調べて書き留め、暗記して、念のためにメモも持参する。
ある人は、スマホのメモに書き込み、それを見ながら話をする。
などなど。

でもわたしは、全部書いてある本を持参して、わからないもの、さっきの「自分の知らないこと」を尋ねられても、調べてみながら答えるようにしている。

一般教養的な内容は、できれば押さえておきたいが、忘れていたり、知らないものも多々あるので、そんな時は、現場で本を見せ話し始める。

そんな、わたしの持ち歩きの一冊をご紹介する。

「新・英語で語る日本事情」

この書籍のいいところは、こんなことも説明してある。
「メイドカフェ」「草食系男子」などなど。これは、Chapter15 に含まれている項目だ。

IMG_1270

書籍をより抜粋する

メイドカフェ(maid cafe)
A maid cafe is a type of cosplay cafe where the waitresses wear a maid outfit similar to a classic English or French design.  They play the role of a house servant to give the customer an illusion of being a real master, using overly polite words and behavior while pampering the customers.

メイドカフェは、ウエートレスが昔の英国やフランス風のメイドの格好をしている一種のコスプレ喫茶です。メイドは、使用人の役割を演じ、極端に丁寧な言葉や振る舞いで客を手厚くもてなすことです。客に本当の主人になったかのように感じさせます。

この日本語見て、上記のような英語にできれば結構だが、なかなかそうもいかないだろう。それが和文英訳の難しいところ。なので、わたしはほとんど和文英訳しない。

自分のできる能力範囲(能力範囲とは:単語・熟語・構文・文法のこと)内で英語をかきだして、修正する。

また、上記の英語みて自分で取り込める英語を使って、言い直しをしながら英語を作り上げるのも一つの方法だ。

他にもいろいろと現代文化に関連するものも取り上げているので、大変役に立つのではないだろうか。

新・英語で語る日本事情

新・英語で語る日本事情

posted with amazlet at 15.11.28
江口裕之 ダニエル・ドゥーマス
ジャパンタイムズ
売り上げランキング: 16,552