超古いんですけどこんな映画覚えてますか?「ハワイアンドリーム」!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

バブル時代の真っ盛りに作られた映画です。

映画「ハワイアンドリーム」

こんな英語にたどり着いてしまいました。

91zxlKe8smL._SL1500_

もともとはテレビかラジオだったか記憶は定かではありませんが、竹内まりやさんの懐かしの曲から始まったのです。

そして、何度も聞き返しているうちに、懐かしい映像が頭の中に浮かんできました。それがこの曲がエンディングに使われている映画(ハワイアンドリーム)でした。

印象深いこの曲!

映画で使われていた曲は、竹内まりやさんのアルバム(たまたま所有していました)「REQUEST」の中におさめられているこの「YUME NO TUZUKI」でした。

アップテンポの軽快な曲でなかなかのお気に入りのきょうでしたね。

IMG_1457

夢の続き.m4a

映画のあらすじ!

1987年に公開の映画です。

ひょんなことから日本を飛び出した2人のチンピラ・川添達彦(時任三郎)と山際翔史(ジョニー大倉)。2人がハワイに住み始めてから3年が過ぎた。現地の日系人になりすまし、観光客に偽のクスリを売ったりとやりたい放題。自由奔放な毎日を送っていた。

そんなある日、地元の名士・モランがマフィアと関係していることを知った達彦と翔史は、ピアス警部の依頼を受け、モランを逮捕するための“作戦”を実行する。(ウィキペディアより抜粋)

ちなみに、このハワイアン・ドリームは、映画「チ・ン・ピ・ラ」(1984年)の続編と言われているらしいですね。

「チ・ン・ピ・ラ」の方は、2人の半端な若者がなんとなくやくざ社会を遊ぶというもの。そしてこの映画では、ジョニー大倉の相棒は時任三郎でなく柴田恭兵でしたね。

わたしは、この手の冒険活劇的なものが好きで、元やくざとかチンピラにもかかわらず、昔ながらのやくざ映画的(さらしにドスの殴り込み)な臭いがないエンディングが、いいですよ、なんとも痛快なんです。

さて、かなり画像の粗い15秒のYoutubeがありましたので添付します。

最後に!

ご参考までにアマゾンのリンクをはあっておきます。ここではもうDVDは見当たらず懐かしのVHSでかなり高額となっておりました。

ハワイアン・ドリーム [VHS]
ポニーキャニオン (1989-11-21)
売り上げランキング: 1,909
REQUEST

REQUEST

posted with amazlet at 16.06.05
竹内まりや
イーストウエスト・ジャパン (1999-06-02)
売り上げランキング: 3,036

写真のクレジット:Amazon

追加情報!

そういえばこの映画もエンディング曲が竹内まりやさんのですよ!

映画『わたしのハワイの歩きかた』