「勝どき橋」は東京ウォーターフロントのシンボル的存在!英語解説付き!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

「勝どき橋」

せっかくですので、英語解説の一部を抜粋して掲載いたします。

Kachidoki Bridge is the only drawbridge built on Sumida River in the 1940’s. It was constructed to commemorate the victory of the Japanese army during the Russian-Japanese War. In the post-war years until 1970’s, the bridge was operated by electricity and it used to take about 70 seconds to open or close. It required a total of 20 minutes to open and allow the ships to pass through, which was a routine for nearly five times a day. As the use of freight ships decreased, due to the improvement of alternative infrastructure like highways, the dependency on the bridge decreased as well and in 1970 it opened only once. Since then the bridge has stayed closed and never reopened.(JapanTravel.comより抜粋)

このまま何度も読んで音読して、説明するのに使ってください。一文が長いと思ったら、節を短くしてみてください。

よくここで家内と娘たちともに貴重な時間を過ごしたことがありました。そんな思いでの場所にもう一度行ってきましたよ。たくさん写真を撮ってきましたのでアップいたします。

帽子をかぶり熱中症対策万全で歩いてまいりました。

IMG_5348

まずは、デニーズサイドの岸辺から。そして橋の中央からという順番です。

IMG_2927

IMG_2929

IMG_2931

IMG_2932

IMG_2933

IMG_2934

IMG_2935

IMG_2936

IMG_2937

IMG_2938

IMG_2939

IMG_2940

IMG_2941

IMG_2942

IMG_2943

IMG_2945

IMG_2946

こんな関連記事もどうぞ:

新・英語で語る日本事情

新・英語で語る日本事情

posted with amazlet at 16.08.11
江口裕之 ダニエル・ドゥーマス
ジャパンタイムズ
売り上げランキング: 21,293