日本国内12万冊以上の書籍やコミックが月額980円で読み放題になるアマゾンのサービス!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

本日のヤフートップニュースにこんな記事が掲載されました。

通販大手のアマゾンジャパンは3日「キンドル・アンリミテッド」を始めた、と発表しました。

・定額で電子書籍が読み放題になるサービス
・月額980円
・12万冊以上の国内の書籍やコミック
・120万冊以上の洋書
・240誌以上の雑誌
・日本は12カ国目

というものです。言ってみれば書籍版のアップルミュージックのようなもの。最近は個別のダウンロードより月額定額制の「~放題」が主流になっていますね。

アマゾンをフル活用(たぶん)しているわたしにとって、この書籍読み放題は魅力的です。ただし日本では現在は以下の状況のようです。

国内の出版社は講談社、小学館などの大手をはじめ数百社が参加。読める作家の数は数万人に上るという。1度に利用できる上限は10冊まで。単品の電子書籍販売も並行して行う。

洋書の規模から比べると10分の1ですが、これもいずれ以前の「音楽のデジタル化」がそうであったように大きな流れになるに違いなない、と思っています。

本棚に置きたいものは、紙の書籍。取っておきたいものはデジタルのダウンロード、そしてこの読み放題という3種類の使い方になるとおもいます。

米国ではこんな結果が出ているようです:

米国では、このサービスを利用した人の読書時間や本の購入額が、利用開始後に3割増えた。
(アマゾンジャパンキンドル事業本部コンテンツ事業部の友田雄介事業本部長)

登録してみようと思います。

こんな関連記事もどうぞ: