出来ちゃった、ってこんな英語の言い回しで言えると思います!

「knock up」

主にアメリカで使われるようです。口語、というよりかなり下品な俗語で「妊娠させる、はらませる」という意味の言い回しになります。

使い方は、

「knock someone up」として、目的語を入れて「主語が誰かを妊娠させる」という使い方。
「be (get) knocked up by someone」として、「主語が誰かに妊娠させされる」という使い方。

楽KUN
Word on the street, he knocked her up.
噂じゃ、彼が彼女を妊娠させたみたいだ。
楽KUN
Did you know that she was knocked up?
彼女出来ちゃったの知っている?

 

※「出来ちゃった」と訳してみましたが、この方がいい感じですよね。あまり直接的じゃなくて。

追加情報:
knock outは、日本語で使われるノックアウトですが、この意味以外に口語で人を「驚かせる」という意味もあります。

楽KUN
The news really knocked us out.
そのニュースには本当に驚いた。

 

※日本語の表現の豊かさといいますか、英語のまま能動態で和訳するとなんとも聞こえが「ぎこちなく」なりますので、ここは受動態で訳してみました。
※このようなことから、英訳する際に「能動態か受動態かの判断」はなかなか手ごわいです。ボキャブラリーを積み上げるしかありませんね。

knock offには、とても頻出のフレーズがあります。「knock it off」です。そうです「やめる」という意味です。同様のフレーズには、「cut it out」というのもありますね。

楽KUN
Come on!  Knock it off, will you?
もういいよ。やめてくれよ

 

こんな関連記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

英語アドバイザー。役に立つ情報(英語)ブログ運営。学習院大学/サンフランシスコ州立大学卒業。アパレル企業代表取締役の元専任通訳・翻訳者。元IT系ベンチャー企業経営者。現大手個別指導塾英語講師。