カテゴリーから探す!

知ったかぶりの嫌な奴、って英語はこんなのになります!

「know-it-all」

まずは「know-it-all」ですが、英語では:a person who thinks that they know much more than other people(Cambridge Dictionaryより抜粋)

英語解説では名詞となっていますが、形容詞としても使えます。

使い方としては、このセットに「guy」をつけて「a know-it-all jerk」「a know-it-all guy」として使うことが多いですね。通常の場合は悪い意味で使うことが多いそうですが、物知りという良い意味でも使えますよ。

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”shibukun1.png” name=”渋KUN”]He really is a know-it-all jerk.
彼はまったく知ったかぶりの嫌な奴だよ。[/speech_bubble] [speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”rakukun.png” name=”楽KUN”]I heard that you’re a know-it-all guy about digital devices.
あなたはデジタル機器に超詳しいって聞いてます。[/speech_bubble]

 

追加情報:He really isの語順ですが、通常副詞は、一般動詞の前/be動詞の後なのですが、強調したいときにはbe動詞の前に持ってくることもありますよ。

こんな関連記事もどうぞ:

関連記事のIDを正しく入力してください