どうしてwhere、なぜwhich?英語関係詞の使い方を説明します!

せっかく文法を長い間学習してきたのに、なかなか英会話に生かせないと感じていませんか!

なぜなのでしょうか?

その答えをお話ししたいと思います。

1.その答えは?

「会話ではどのような使われ方をしているか」という解説が少ないからなのです。

しかしよく読むと、文法書には基本的なことが全て記載されているので、まずはしっかり理解する必要があります。

2.関係副詞の where !

早速、関係副詞 where を例にとってご説明しましょう。

関係副詞とは:修飾する節を名詞に結び付けて接続詞と副詞の2つの働きをするもの。

分かりにくいですね!

まずは例文を見てみましょう。

楽KUN
This is the hospital.  She works there.
これが病院。彼女はそこで働いていますよ。

 

2つの分の中にヒントが隠れています。それは「the hospital」「there」です。

This is the hospital.  She works there.

前の文では「the hospital」、そして次の文では「hospital」「there」としています。つまり同じことを表現を変えていっているわけですね。

さて、次の説明に入りますよ。

1.関係副詞で表現すると:

楽KUN
This is the hospital where she works.
これが彼女が働いている病院だ。

 

※副詞の there が関係副詞 where に代わっている。
※where she works が形容詞節。

もう一度2文と関係副詞を使って1文にしたものを見てみましょう。

1.This is the hospital.  She works there.

2.This is the hospital where she works.

何か気付きませんか?

2.の関係副詞の文では、1.の後ろの文の「there」がなくなって「where」になってますよね。

※ここでこれから申し上げる呪文を覚えてください。

「2つ目を消して、関係詞を挟み込む」
「2つ目を消して、関係詞を挟み込む」
「2つ目を消して、関係詞を挟み込む」

では次に入ります。

2.関係代名詞で表現すると:

楽KUN
This is the hospital which she works at.
これが彼女が働いている病院です。

 

かみ砕きますよ。

もう一度2文と関係代名詞を使って1文にしたものを見てみましょう。

1.This is the hospital.  She works there.

2.This is the hospital which she works at.

※重要ポイントは「She works there」は「She works at the hospital」と言い換えることが出来るのです。

そうすると、

1.This is the hospital. She works at the hospital.

2-1.This is the hospital which she works at.
2-2.This is the hospital at which she works.

何か気付きませんか?

2.の関係副詞の文では、1.の後ろの文の「the hospital」がなくなって「which」になってますよね。

言い替えが出来れば簡単ですね。先行詞のthe hospital(モノには「which」を使いますので2-1.の文となります。そして at は忘れやすいので which の前にくっ付けて2-2.となります。

あーささん
この前置詞+関係代名詞の形は、どちらかと言うと硬い表現で書き言葉で使われることはあるが、口語的表現ではほとんどでてこないので覚えておいて欲しい。

 

※ここでこれから申し上げる呪文を覚えてください。

「2つ目を消して、関係詞を挟み込む」
「前置詞も忘れやすいので、前に持ってくる」

 

3.関係副詞の先行詞の省略とは:

先行詞が the place のときは、通常省略することができます。

先行詞を伴わずに「~するところ」と言う意味にしてしまえるのです。

This hospital is the place where she works.

楽KUN
This hospital is where she works.
この病院が彼女が働いている場所です。

 

 

4.もう一つ追加情報:

先行詞が the place の場合に、where の代わりに that と使うことが多いのですが、この that も省略することが出来ます。

楽KUN
This is the place I was sitting.
ここが座ってた場所。

 

3.まとめ!

「せっかく文法を学習してきたのにもったいない」というのがわたしの印象です。

実は、詳しい文法書を見れば、ほとんどのことは記載されているのです。もう少し深掘りして、もう少し時間をかけて読み込めば、たくさんのヒントが隠れていますよ。

そのヒントをつかんでしまえば「パッ」と思い出して使うことが出来るようになりますから。



英語ブログをフォローする
follow us in feedly


こんな関連記事も読まれています